スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ENDLICHERI ☆ENDLICHERI LIVE 2010 『CHERI E』

CHERI E 


2010年8月28日 @大阪城ホール - 初日- レポ

ケリーさんが、曲の途中で突然泣いちゃったの。"(/へ\*)")) 
1日経っても、その姿が忘れられません。。






開演1時間前にのんびり着いたら、グッズはほぼ全部完売。
うちわが、お一人様一点のみだった・・・。(開演前までにそれも全て完売) 
普通の おばあちゃまが、紫色のスポーツバッグをGETして
ファンキーに早速使っていたり(笑)
母親位の3人組さんが、前回のグッズだったタイダイ染めのTシャツを
全員お揃いで着て、キャッキャ言うて、デジカメで大阪城ホール撮ってはって
めちゃかわいかったよ。笑
その奥には、立ち見席に並ぶ整理券待ちの行列・・・・
「チケット譲ってください」と書いた紙を持った人も多かった。
男女ともに、剛デザインadidasスニーカー履いて来てる人も
パラパラいる!真っ赤だから、凄い目立つ。
シックな和装でお1人参加の女性もいたよ!着物で真夏にエンドリライブ!!凄
腹ごしらえしていざ入場。



長らく場を盛り上げる前奏がノリノリに流れた後、
三角のテントの中から、バンドメンバーCHERI隊登場。

どれがケリーさん?どこから登場なのか?
ドキドキして見てたら、



サイドの刈り上げを前面に打ち出した、おでこ全開Hairに、
大門サングラス!

・・・・と、ごっついイカツい風貌 なのに! 

千秋とかほしのあきちゃんや加藤ミリヤちゃんが被ってそうな?
ピンクで、肩までヒッラヒラしたもんが付いた
お花付きの小さなお帽子?カチューム?という衝撃的ないでたち
 


で、ドヤ顔 で 立っておられました ww
工工ェェ(゚Д゚;ノ)ノ
いや、カチュームとか、そんなオシャレなもんか?
白鳥の湖コントのシムケンか?

いや、幾何学模様のピンクジャケットに、派手派手タイダイ柄のパンツに
この頭・・・・やっぱり、松尾伴内か?
こ、これ、笑っていいのかーーーー?


きょろきょろ。でも、会場、誰も笑っていないから、頑張って受け止めていたら
隣の友達たち、リアクション芸人並の 大爆笑!!


友達 「こずえみどりちゃうねんから!爆」
↑ナウでヤングなあなたへ。帽子被って「嫁にも~て~」言うてた吉本のコンビですw




・・・だよね!?明らかにおかしいよね!?よかった。笑
そのまま数曲歌う。


ダリ「(ノェ)コッソリ   ねえ、まさかあの帽子このままずっと付けたまま?
ちっとも ライブに集中できないんですけど!!(゚_゚i)タラー・・・」
とか言うてたら、取って登場。よかった2。(笑)


MC

CHERI 「オカンと買い物中に見つけて、 これは大阪で使えると思って買った。
大阪やから、何でもありかな思て。」

会場 「笑」
「このままで『Say Anything 』まで歌おうと思たけど、僕もモテたいんでやめといた。」
会場 「笑」 

やっぱ、あれは笑ろて大丈夫なところやったんや!!!笑



帽子を取ったから、栗頭先生hairが、寝起きみたいにくしゃくしゃになってて
めっちゃかわいかったの。

会場 「かわいー」「かわいー」「かわいー」
CHERI 「やっぱりスターですから。」
会場 「笑」
CHERI 「スターなんで、目張りして、鼻筋も通して、チークして・・・思たけど、
洗顔フォームだけにした。」
会場 「笑」
友達1&友達2「 スッピン!!!???(|||゚Д゚)」
スッピンなのに、MAXにお化粧した私達よりかわいい件。 羨


お話ししてくれたのは、 「今日は、特におもろいこと起きへんかったな~」 と言いながら。
来るときの新幹線で聴いてた曲と、後ろの席の外人さんのお喋りの抑揚が被ってた話とか。
キャンプに一緒に行った、小さいことをいちいち大げさに言うてくる
マネージャーさんの話とか。

「透明な蜘蛛」の話が出たので、即興でその曲をセッション大会。
ファンを放置プレイで、楽しそうなケリーさん&バンドの皆さん。笑


可愛いお話もあったヨ。大阪来て粉もんが食べたくなって
ご飯も食べたくなって、いわゆる「お好み焼き定食」的なものを
食べ終わってお腹の辺りを見ると「日本地図か!」いう位、 ご飯粒を付けてた話。





ジャケットを脱いで、幾何学模様のゆるゆるTシャツに、
白のゆるゆるタンクトップを 上から重ね着して
赤いラメ入りアームウォーマーを片手にしてたんだけど、
髪形と相まって、バスケット少年みたいでとにかくかわいかった。

歌い踊ってるうちに、服がずれて、片方の肩がつるんと出てて
ダウンライトした照明の中で、お尻をこっちに向けて
前かがみで、come on, come on,come on, come on,・・・・・
 I love you~♪ ・・・・・

ウィスパーボイスで言うたり、あんあん言うたり、
すごい腰を振ってて・・・・なんか・・・・・エロかったよ? 笑


♪ Blueberry 
会場の熱気はMAXに。ほとんどのお客さんは3時間立ちっ放しだった。


会場「ケリー!脱いでぇー!」
CHERI 「興奮したらね。でもめっちゃ興奮しな脱がへんで。」
会場「キャー」

みたいなプレイが最初のMCで あったのですが(笑)
それに答えようとしてくれたのか、ノリノリにかっこ良く踊りながら
Tシャツを下からまくっての、素肌をチラ見せタイムで
披露してくださったCHERIさんのお腹は!なんと、

妊婦さん並のぽっこり・・・・・
 

が、サイド画面にクッキリ・・・・

(勿論、友人たち 「あれは、脱がれへんかったなー!」って、またしても大ウケ) 




♪  これだけの日を跨いで来たのだから

で、ケリーさんの体を絞って歌うような、あまりの熱唱ぶりに・・・・・
つい惹き込まれて、歌詞の世界に浸って、ぼーっと見ていたら、
後半、歌詞の途中で、突然涙声になったの!!!"(/へ\*)"))

ファン達も 「え?泣いてるの!??」
って、オペラグラスで覗き込んでいる。

その曲の間は、サイドの大画面も、演出のためにOFFになっていたので
スタンド席からはお顔がよく見れなかったけれど
涙を流せ~♪  と歌ってるるケリーさんは目も鼻も真っ赤で
その涙を男らしくガッと拭っていたみたい。

曲が終わると、 「ありがとうございました。」 って言うのが精一杯で
サッサと、ハケてしまわれた。。。
 



アンコールで出て来た後も、多分心配してるだろうファンに
説明をしようとしてるんだけど、言葉より先に涙が流れてきて・・・


会場  「ケリー!」 「泣いていいよー!」「ゆっくりでいいよー!」  「ケリー!」
その言葉がさらに流れる涙に追い討ちをかけてるんだと思われ・・・


泣き顔を見せないように、小さい両方の揃えたお手々で
顔を押えて子供みたいに隠そうとしてる。
(不謹慎ながら、めっちゃかわいかったんですが。。。)
その後、顔を覆うように左手で肘を曲げて男泣きして、
声が出せないから、右手で大丈夫、ってサインを出している。。。。
 
CHERI「こんな話をライブでしない方がいいのかも知れないけど、
泣いちゃったから。(照)」
↑ここからずっと子供みたいな喋り方。
会場 「笑」
話しながらもまだ、鼻声。。


「正直者はバカを見るっていう言葉があるけど、
実は、友達のことでまさにそういうことがあって・・・・。
僕はその友達に少しでも何か力になれることはないかと思って
ライブに呼んだりもしていたんだけど・・・。
ここ数日ずっと、そのことについて考えていて。
悲しいというより、悔しくて。
必死で堪えてたけど、皆(ファン)も泣いてたから、泣いちゃった(照)」



多分、近くで見てたファンには、感情を歌に込めて歌ってた
気迫みたいなものが 伝わって、先に泣いてしまったんだと思う。
スタンドから観てた私にも、いつもと違うのが
ありありと伝わったくらいだったから。
悔し涙が、単にライブで感極まって泣いたものではなくて、
友人を想っての優しさから流れるものだったと解って
なんて優しい人なんだと、皆も涙。 会場がいつもと違う雰囲気に・・・。


私は、自分や家族以外の友人事を、毎日こんなに深く想って、
心から泣いたことはあったかな?
友人を、これ位に大切に想えてるかな?って自分を省みて
身近の親友たちの顔が浮かんだ。 



3時間のライブ中、「ケリーーーーィ!!!!」と、
5回くらい大声で 声援を送ってた男性 がいらして。

その方が叫ぶ度に
会場 「笑」  後、→ 「おお~!」と、検討を称える大拍手!だったのですが、

その男性の 『 愛してるよ~!』 の、叫びに
顔を真っ赤にして、恥ずかしくてそっちも向けずに
髪の毛をクシャクシャってして、
マジ照れしてた剛さんが、めちゃめちゃ可愛いかった。 
 『ありがとうございます(照)  』  の、言い方も含めて。
 

鼻声で喋ってた様子が、泣き疲れて寝ちゃった子供が
寝癖付けて、今起きてきた・・・みたいな愛おしさを感じてしまったんですが。
今日のMCで、 「母性本能をくすぐるタイプなんで。笑」 って自分で言ってたけど
確信犯ですか?>むしろ本望ですが。


いつものイケイケでかっこいい彼ではなくて、
とっても 「素」な感じで。
“芸能人じゃなく、その前に1人の人間でいたい”と常々言ってる言葉通りで。




空気を変えようと、一生懸命話題を思い出そうと頑張る剛さん。 
 


「えっと・・・・えっと・・・・何か、面白い話なかったかなあ。
ラジオで結構話してるから 皆知ってるやろうしなあ・・・
あ!オカンとデパートに買い物に行った話知ってる?
あ、結構 知らん?」

買い物した帰りに駐車場に向かってたら、仕事の電話がかかって来て
こっち喋ってるのに、オカンは普通のトーンで「あんな~?」ってカットインして来ると。
トントン、と肩を叩く位じゃなくて、直だと。

それで、車まで着いたから、「あ、すいません、今から車に乗るんで掛け直しま・・・」って
乗り込もうとしたら、運転席でオカン、ハンドル握って座っとんねん。笑
(電話の相手に) 「あ、ちょっと、待ってくださいね。」言うてから、

オカンに    「何でやねん!!」

言うたわって。笑 
鍵を預けてた人に、どうぞ、ってドアを開けられたから、そのまま座ったんやって。
オカン、免許も持ってないねんけど。笑
オカン、その後も、ずっとケタケタ笑ろてんねん。って。 
 


もう1つ、オカンネタ。
 
「 お姉ちゃんの誕生日に、オカンと3人で、レストランでコースを
時間をかけて、食べてた時に、オカンの方見たら、うとうとしとんねん。笑
オカン、「ごめんごめん、お母さん今日早かったから、
でも、大丈夫やで❤ (優しい言い方で)」 って言うねんけど、しばらくしたら
やっぱ寝とんねん。笑   だから、もうオカン眠そうやし、
これで解散するか? 言う話ししてたら、



「大丈夫、お母さん  今寝たから。」


って!!笑
そんな年代になって来た 」
と。笑




もう1つ面白かった話は、

関西地区の宿に泊まったときに、その宿の主人と奥さんに挟まれながら食事してて。笑
何か知らんけど、たぬきの写真がかかってて、
あの子、かわいかったんですけどねえ~って言いながら食べて。笑

食後に栗が出てきて、これ美味しいんです言うから食べたら
「わあ、この栗めっちゃ甘くて美味しい!!自然の甘さですね」言うて食べてたら
「うん、お砂糖入れてるけどね。」 って。
要らんわ、その情報。って。

お味噌汁が出て来たから、「これ、めっちゃ美味しいわ~!」言うたら、
「でしょう?煮干から出汁とってね・・・」って言うから、
「へ~やっぱりそうやったら、美味しいって聞いたことありますわ!」って話を盛り上げてたら、笑
「ちょっと、味の素入ってるけどね。」って、ほんま、要らんかったわ、その情報!って。

それで、野性の鹿が下りて来てるって話になった時に、
「鹿が出てきやがって」 って!!たぬきはかわいいのに、エラい扱い違うやん!
たぬきは ええんかい!!って思った話もしてたよ。




ラストのアンコールで、今日の会場の雰囲気から降って来たもので
即興で歌を歌う(バンドも打ち合わせなしでそれに合わせて演奏)時、

♪ もう恐い事なんて何もないさ。
愛してる人達の前で涙を流せたから
だから死ぬまで愛し続けようぜ!♪


と、歌ってくれた。
会場 嬉しくて 感涙。
友達も泣いていた・・・・・。

歌ってる姿は、スッキリして、ホワホワな柔和~なお顔になってて。
いい顔して歌ってた。 (^ー^* )

「いいのか悪いのか解らないけど、怖いものがなくなったんですよ。」

とも言っていて、今まで心の負担になっていたものがなくなったのなら
本当によかったと思った。



それからも、バンドの皆さんの演奏が、ケリーさんをフォローするような優しさを感じ。
ギターの竹内さんのコール&レスポンスも。
「今日はMCが特別に来てます、MCはMCでもメンドリケリー!
って紹介されたバンドの方も 急に呼ばれて、びっくりしながらも、
肩組まれて頑張れって言われてて、
たどたどしく、「メンドリケリー♪メンドリケリー♪」ってやってて。笑
それをみて、にっこり笑いながら、ギターに徹する 主役。笑
バンドの皆が彼らの方法でさり気なく励ましていたように感じ。

その空気を読んで
 ファンたちも
剛くんと、お友達が、悔しさや悲しさを乗り越えて、幸せが来ますようにって
心を込めて盛り上げていた気がした。


チームケリーは、また三角テントに包まれて消えて行きました。




CHERI E2 




大阪城公園駅まで、皆はどう感じたのだろうと
終演直後のツイッター読んでたら、
皆 泣いたことの衝撃が強くてその事ばかり。
突っ込みどころ満載の、冒頭のこずえみどり風お帽子も、
漢方薬のCM風 まさかのぽっこりお腹も
セクスイダンスも、歌声も・・・・色んなことが
あの涙ですっかり吹っ飛び、忘却の彼方な模様。笑


しんみり 夜空に浮かび上がる大阪城と、
満月から少し欠けた くっきりと綺麗な月を見ながら



いつもより、ゆっくりした静かな鼻声で

「思い通りに行かないことがあった時、僕はよく、窓を開けて空を見ながら
皆さんのことを考えて寝るんです。同じ空の下で居ると思って。
今夜も繋がりましょう。夢の中で。 空の彼方で。

そう言ってくれた 剛さんの言葉を反芻しながら トボトボ帰りました。


時期を同じくして、急に剛くんのラジオが終了になって、
「終わりです」って言われたから、「わかりましたとしか言えなくて。
今聞いてるファンの皆さんも泣いてる方も居ると思いますが。」って。
自分と自分の大切にして築いて来たもの(想いやファンや)を繋ぐものを
大人の都合で 「はい、終わり」って言われる仕事上の辛さを、
この人は今までいくつ受け止めて来たのだろう。
「思い通りに行かないことがあった時」に、
やはりそれも含まれているのだろうか。
それでも、今日もまた1万人のファンに愛を与え、幸せにしてくれている。 (^ー^* )


今回のライブは、楽しい、面白いっていうだけでなく、
温かさや切なさや・・・・複雑な感情が押し寄せて来たなあ。






以上、
照れ臭さを ごまかすように、 
 
「 『泣いてる顔も可愛かった 』 って、ネットに書いといてください。(●´Д`●) 照」

って最後に 言うてたので、まんまと書きましたよ。フフフ。  

 


  追記 :  剛くんの親友さんのブログ
  「 エネルギーオフィシャルブログ「踊る飛行機投げ(仮)」  ふぁんくなアザ


関連記事
Tanks access
my dining chair
my dining light
my roomba ♡
HAY hand torso
diem
MOYO
art poster
MY PET GATE
DOG STEP
MY DOG TOILET
my lovely dog’s Anniversary
*script by KT*
my ROOM
DahliaのROOM
楽天トラベル
楽天カード
楽天オークション
楽天デリバリー
楽天ブックス
black and white 1
モノクロ収納
black and white 2
interior
read to the end '17
2017年 読了本
read to the end '16
2016年 読了本
read to the end '15
2015年 読了本
read to the end '14
2014年 読了本
read to the end '13
2013年 読了本
read to the end '12
2012年 読了本
read to the end '11
2011年 読了本
read to the end '10
2010年 読了本
read to the end '09
2009年 読了本
read to the end ~'08
2008年までの 読了本
toto big
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。