スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『 悪人 』

悪人7  
 


深津っちゃんが、
モントリオール映画祭で最優秀女優賞に輝いた
映画 『 悪人 』 を、観て来ました。

以下、 【完全にネタバレ】 なので、
観る予定の方は読まないでネ!笑



放蕩し 出会い系サイトで体を売り、
金持ち大学生・増尾(岡田将生)に現を抜かし
軽い女とウザがられて、夜中のドライブで、山中に捨てられ、
結果、突発的とは言え
裕一(妻夫木聡) に扼殺される佳乃 (満島ひかり)




悪人5 



殺人を扱う作品に付随しがちな、
加害者家族と、被害者家族、それぞれの苦悩。



自首する寸前を引き返して、光代(深津絵里)と、罪と愛の逃避行の挙句
最後はやっぱり捕まってしまう主人公。



筋だけを追うと、それだけの話で。
全てにおいて、 【 さもありなん 】 と、言った作品。 
  ノアール作品を主とする群像劇で、最近の映画には珍しく
笑う箇所は1秒たりともないので、とにかく暗いし、後味も良くはない。




( 唯一、 笑ったのが、
 隣で、マロンママが  「 け!全員、自業自得やん!」 と、呟いて
ポテチをボリ~ボリ~!と食べる音が響き渡った時だけだった。爆 ) 





劇的な話の波もなく
久石譲の主題歌と共に、淡々と話が進められて行く。  
でも、原作著者、監督、俳優達が 表したかったのは、
きっと、むしろその静けさ。




大げさな展開のない、どこにでもある日常だからこそ、
身近過ぎるからこそ、心に残った。 





悪人6




うまい話がある時にしか寄り付かない生前の娘を煙たがりながらも、
娘を置き去りにした 増尾に、 父・佳男(柄本明)が
スパナを隠し持って振りかかるシーンは、胸を打たれる。



「あんたは、大切な人が、幸せそうにしてる姿が見たいとは思わんか?」


という台詞に、私は、ふと、
自分の家族の顔が思い浮かび涙が。


行き場のない、 父の娘を悼む愛。
しかし、結局スパナで殴らなかったのは、理性がとどまらせたのも
遺された家族(妻・宮崎美子)への愛。




悪人3 




「1人暮らしを許したお前のせいだと、責めたのは間違いだった」
と、謝る夫としての愛。




佳男が、意を決して
「用事が済んだら、帰ってくる」 と、だけ電話で伝えた時、



全てを察知したはずだが
  「・・・用事が済んだら、必ず帰って来て。」
と、だけ答え、普段は手伝っていない店を掃除して
深夜まで起きて待っている、妻の夫への信頼と愛。


帰宅後も、何も聞かずに
脱いだ夫の靴を揃える妻の演技は秀逸で。


相手が窮地に陥った時、 何も言わず相手を信じて
ただ、毎日そっと 傍に居てあげる。

夫婦の愛って、まさに、こういう本当にささやかなものよねえ!

 
と、 思ったら、 また涙が・・・・!! "(/へ\*)"))
(ダリアちゃん、泣き芸人かよと、後で皆に突っ込まれる)
  




「裕一が、初めての給料で買うてくれたんよ。」
と、祖母・房江(樹木希林)が、そのスカーフを大事に結んで、
裕一のために貯めていたお金を悪徳商法で騙し取られた相手に
身一つで 取り返しに行く、孫への愛。



【 身近な者への愛 】 が、テーマになっているのだ。




殺人逃亡犯の祖母として、報道陣に追い回される房江に  


  「あんたは悪くない。しっかりせんと!」と、
ぶっきら棒に 声を掛けるバスの運転手。



なおも佳乃とその父をあざ笑い、話のネタにする
金持ち大学生達の中で 唯一、
そんな増尾に疑問を抱き、佳乃の父に優しい声をかける友人学生。




それらの、小さいながらも
人が生きている中で不可欠な励ましや勇気や信頼という 愛が
暗くやりきれない作品に かすかな希望を与えていた。
 



それはまた、いつ自分が
そういう愛を与えれる立場になるろうとも、
与えられる立場になろうとも、分からない。




誰もが、ほんの僅かな偶然や奇跡が重なって
悪人にも善人にもなってしまうのだ。




だからこそ、自分の気持ちの持ち用や、心がけで
どちらにも転がるのだと思った。






真面目な光代が、出会い系で出会って
殺人犯と知りながら、
短期間にあんなに簡単に深く愛し合うのか?
という、疑問は無きにしも非ずだが
( 2時間半で描くのは難しいのかも知れない )

 

光代もまた、祐一と同じく、田舎での暮らしに
未来も見えない閉塞感で
出会いに飢えて孤独だったことが解る。




妻夫木くんの私生活を垣間見てしまったような(笑)、
また あの深津ちゃんが! イメージの限界で
お尻と半乳(笑)を露わにしながら、
泣きながらの濡れ場を、生々しく描くことによって



女性として初めて知った愛や
悲運な幼少期を送った祐一への 母性とその強さをも表現しており。
体当たりの深津ちゃんの演技が良い。 


自らこの役を演りたいと志願して、体を絞り、
「笑わない」ことで凄みを表現したけれど・・・・残念ながら
やっぱり目が優しすぎて悪人には見えない 妻夫木くんと(笑)  
後半、主役が入れ替わったように感じる程だった。



好演と言えば。 余りのチャラさと憎たらしさに、
すんごく顎がしゃくれて見えた程(笑)
初の悪役を演じ切った岡田将生くん。




ドラマ 『モテキ』  等での、かわいい役よりも
映画版 『プライド』  で、悪女 萌役を演じた満島ひかりちゃんは
やっぱり意地悪な役でこそ生きる!と思った。



料理をする背中だけで見せる樹木希林、
無表情の演技の柄本明の存在感は、
主役を食うほどで
さすが!という感じ。 
 





悪人2 




ラストシーンで、パトカーのサイレンの鳴る中、
祐一がキスをしてから、光代の首を締めるシーンは
 会場から、この日1番のすすり泣きが聞こえていた。



それは、いつまでもこうしては居られないと分りながら
自分のために逃亡してくれた光代に、


殺人犯蔵匿の罪に、かけたくない思いから
あえて人質のフリをさせて本当の 【 悪人 】 になり切った

祐一の優しさが起こさせた、警察への名演技であり、
この究極の愛は、後に光代が職場復帰したシーンにより
功を奏したことがわかる。




祐一もまた、本当に光代を愛していたのである。 




幼少期、「必ず戻って来るから」と言って二度と帰って来なかった母親を
信じ、「絶対に帰ってくる」と言い続けた自分を、
誰も信じてくれなかった心の闇が




山中で 「あんたのことなんか、誰も信じるわけないやろ!」
と、言った佳乃を殺害した。





結果的には逃亡先がばれることになったけれど、
母に置き去りにされた この同じ灯台に



光代だけは、自分を見捨てず、警察から逃れて
戻って来てくれたのだから。 
この時、祐一は初めて 肉親以上の愛を知ったのである。




悪人4  

 



人を殺め逃げ回った 祐一は、
やはり言語道断の 「極悪人」である。




では、本当の悪とは?
本当の愛とは?





終始 笑わなかった祐一が、
灯台の下、光代とじゃれ合いながら
1度だけ笑顔になるシーンがある。


この映画の全てを物語っている気がした。






========









吉田修一
2002年 『 パーク・ライフ 』 で芥川賞
2007年 『 悪人 』 で第34回大佛次郎賞・
第61回毎日出版文化賞を受賞



原作を越えるのは、難しいというが、やはり
映画では描ききれなかった
複線や描写があるらしい。




2007年04月 発行 単行本
ダ・ヴィンチ ブック・オブ・ザ・イヤー2007 第8位
週刊文春2007傑作ミステリーベスト10(国内編) 第8位

悪人

悪人

価格:1,890円(税込、送料別)





2009年11月発行 文庫

悪人(上)

悪人(上)

価格:567円(税込、送料別)




悪人(下)

悪人(下)

価格:567円(税込、送料別)







========







そのまま西宮ガーデンズでお食事。





akunin5.jpg 




浸け麺タイプのお出汁に、黒豚と
〆にお蕎麦が出てきたのですが、
おネギが美味しくて、皆で4回位お代わりしたので



( 『悪人』 では、佳乃が餃子を食べた後
臭いんじゃと、置き去りにされたのを受けて。 )




「ダリアちゃん、ご主人にネギ臭いんじゃ!って
六甲山に 置き去りにされないようにね~!
ギャハハ~!!」





映画直後に、感想をワイワイ語り合うのは楽しいね。笑




akunin6.jpg 


関連記事
Tanks access
my dining chair
my dining light
my roomba ♡
HAY hand torso
diem
MOYO
art poster
MY PET GATE
DOG STEP
MY DOG TOILET
my lovely dog’s Anniversary
*script by KT*
my ROOM
DahliaのROOM
楽天トラベル
楽天カード
楽天オークション
楽天デリバリー
楽天ブックス
black and white 1
モノクロ収納
black and white 2
interior
read to the end '17
2017年 読了本
read to the end '16
2016年 読了本
read to the end '15
2015年 読了本
read to the end '14
2014年 読了本
read to the end '13
2013年 読了本
read to the end '12
2012年 読了本
read to the end '11
2011年 読了本
read to the end '10
2010年 読了本
read to the end '09
2009年 読了本
read to the end ~'08
2008年までの 読了本
toto big
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。