堂本剛 平安神宮公演 2012 9月16日 2




以下、


= MC =








剛 「昨日、平安神宮さんより
すごく嬉しい、お言葉を頂きました。



『 ファンの方の、マナーが良すぎる!』

と。」
会場 (拍手)





剛 「ここがポイントなんですが。



『 多分、今までで1番、

マナーが良いと思います。』



と、言っていただきました。」
会場 (拍手)






剛  「なので、僕は。



鼻 高々に!



笑顔を、返しました  (○´∀ ` ○)

会場 「笑」





剛  「これからも、宜しくお願いします。
本当に、ありがとうございます。」

会場 (拍手)





剛 「初日は、『 縁を結いて 』 を、
歌ってる時に、流れ星が流れたようですが、

昨日は、メンバー紹介で、僕が自分の名前を言った時に
流れ星が流れたと、ファンの方が。



会場「えー! (*´艸`*)」

友達1 「ほんまかいな!飛行機ちゃうのん!笑」
※注意  関西人は好きな人にも容赦なくツッコミます、
愛を持って。笑




剛  「平安神宮でのLIVEは、今回で3回目となりました。」

(3年連続行ったアーティストは、彼が初めて。
何かと、“初の”と、冠されることが多い、
驚きを与え続けてくれる人物だと
ファンとしては誇りに、そして喜ばしく思う。)




剛  「自分自身でも、平安神宮で、3年も
自分の音楽やメッセージを、伝える事ができる人生とは
思ってなかったので・・・・感謝しています。




平安神宮で、やったらどうですか?と、
神社さんや、お寺さんで、音楽を披露する
機会を与えてくれる方が居て、今があります。




堂本剛の音楽が、何か新しい場所へ
飛んで行くのではないか?という想いで
こうゆうスタイルが、実現してます。
それは、想像もしていなかった事で、心から嬉しく思っています。




このようなステージは、風が吹いたりして
自然とのセッションが、とても楽しい。




今回のLIVEは、「ひとつ」というテーマで、作りたかったんです。
「命」という、キーワードもあります。
それでステージに、灯篭で、丸を作ってみたりしたんですけど。




「ひとつ」 に、なろうとすると
上手くいかないことが多い。





政治家の方たちが、
なんやかんや、ワーワー揉めてますけど。
そんな時は、




美味しい お茶菓子を・・・・

(´・ω・)o━○●◎



出したら、上手く まとまるんちゃうかなって、
思うんですけど。笑」
会場 「笑」





ピリリとした空気をも
穏やかな笑いに昇華させてしまう
そんな剛くんだからこそ、
皆、相好を崩してしまうのだ。

世の中の全ての人も、あなたも、
そうあって欲しいと
優しく頭を撫でられたような、気持ちになる。





剛  「僕は政治家にはなりませんけど。



「堂本総理に、清き一票を!!」

言うてやってみるが、もたない。笑




『ちょっと、やってみたかったんですぅ~(ノε`*)ノ♪ 』


って、 言って
2日で、辞めると思いますけど。」


会場 「笑」






剛  「 「イエス」でもなく、「ノー」でもないということ。
「イエス」と「ノー」の真ん中の答えを、出す事が
1番、良いと思う。




僕が言いたいのは、
「真ん中の答え = 自分の答え」
自分自身で考えて、答えを出そう、と言うことなんです。





自分の人生も、「ひとつ」
自分の命も、「ひとつ」
今日という日も、「ひとつ」




「自分の答えは、こうです」と
一人一人が、自分の意志で動けばいい、と思って
今回、ステージに立っています。





色んな困難の中、生きている方々が います。
その人の立場になってみないと、痛みは分からないけど
人間の痛みとして 【 理解をする 】 こと は、出来るはず。
そのアクションが、既に 「ひとつ」だと、僕は思う。





自分という 「ひとつ」
人生 ・ 想い ・ 命 を、持って
愛する人・・・家族 ・ 友達 ・ 故郷 ・ 地球 を、愛して
毎日 感謝をして、生きて欲しいと思います。






今回も、
平安神宮さんに、大変お世話になりました。

ミュージシャンの 皆様。

STAFFの 皆様。

来場して頂いた、全てのファンの 皆様。

今回チケットや諸事情で、来れなかった 方々。

演奏を聞いて下さった 神様。

皆様に、命をつないでくださった、皆様のご先祖様・・・・

僕は、皆さんのご先祖様までは、
見えないんですけど、笑


会場 「笑」



・・・・全ての方々に、感謝しています。」
会場 (拍手)




次は、どうゆう場所で出逢えるか、分りませんが
是非、逢いに来て下さい。
それでは皆さん、お気を付けて~♪ ヾ(´▽`)ノ 」


全員で、二礼二拍手一礼し、終演。








七色のレーザー光線。
星空と、吹く風、虫の声、平安神宮。
この場にぴったりの和太鼓やコーラスを始め、
堂本剛に気持ちを寄せる、バンドメンバーさん達の演奏。
堂本剛の楽曲。
なにより、この厳粛な中で聴くと、
もはや神様に捧げる、祝詞(のりと)のような
どこまでも延びる、堂本剛のロングトーン。


どんなアーティストが、この場所で演ろうとも、
この組み合わせばかりは
やはり、唯一無二だと言い切れる。


そんな幸せな気持ちにさせてもらったことに感謝し
来年も、ここで公演されることを願って・・・。











帰りのタクシーで。


ご年配の運転手さん

「今日、平安神宮で何かありましたん?」

「堂本剛くんの、LIVEです (〃▽〃)   」



運転手さん

「え!? 長淵剛!?」

「いや、堂本! 堂本の方です。笑」



「そうですか~。堂本剛くんね。

今日、高橋真梨子 のコンサートも、●●でありましてねぇ・・・。」

「・・・・・そうですか・・・・・・・・・・・・・・・・・。笑」







========





▲  レナード衛藤さんの、翌日、17日の呟き。


「 首痛い(>_<)   ど~してだろ~(笑) 」


きゃはは!




▲  『 Club Leo 』   潮来&京都から~の大きなメッセージ
レナード衛藤 さんのBLOG)




▲ 平安神宮は、この週末は剛くんで
翌週末が、水樹奈々さんという、同級生リレーでした。


今年上半期の1番大きかった出来事が
【堂本兄弟で、剛くんに「近藤さん」と
本名を連呼され、耳まで真っ赤になったこと。】


水樹  「私の同級生も、この間ここで・・・」
会場一斉に 「近藤さーん!」 コール
水樹 「こらーっ!今日は水樹さんなのーっ!!」
という、可愛い やりとりがあったそう。  (*´艸`*)♪






LIVEレポを読んでくださった方、
ありがとうございました。

明日からは、京都3日間の旅の記録を・・・・二条城 からです♪







関連記事
Tanks access
my dining chair
my dining light
my roomba ♡
HAY hand torso
diem
MOYO
art poster
MY PET GATE
DOG STEP
MY DOG TOILET
black and white 1
モノクロ収納
black and white 2
interior
read to the end '17
2017年 読了本
read to the end '16
2016年 読了本
read to the end '15
2015年 読了本
read to the end '14
2014年 読了本
read to the end '13
2013年 読了本
read to the end '12
2012年 読了本
read to the end '11
2011年 読了本
read to the end '10
2010年 読了本
read to the end '09
2009年 読了本
read to the end ~'08
2008年までの 読了本
楽天トラベル
楽天オークション
楽天デリバリー
楽天カード
楽天ブックス
toto big
my lovely dog’s Anniversary
*script by KT*