スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僧帽弁閉鎖不全症 ⑤ お薬、フード



新しいフードになりました。





咳をする事で咳が出る。
それを止めてあげたいとの事で
薬の量を増やし
イガイガを取る錠剤もいただいていたのですが


結局、お正月も、一日たりとも
ヒナさんがピタリと咳が止む事は
ありませんでした。


お薬が効いている感じがしないので
再び先生と相談し、今食欲もあり
(相変わらずよく食べる訳ではないけど
食が元々細いヒナさんが、いつも通りの食欲ということ)
元気であるという大前提で、
お薬を更に少し 強いものに変えることに。






フードも、想定していた通りすぐ飽きて
食べたり食べなかったりのため
他の食い付きの良かったメーカーのものも試してみたいので
相談したところ、
最初にサンプルをいただいた、『初期の心臓疾患用』ではなく、
『少し進んだ心臓疾患用』にした方が良さそうであるとのこと。





丁度、1番最初に処方されたお薬の
倍量の強さに当たるので
最初に処方されたお薬を無駄にしないために、それを朝 2袋。
ただし、それだと一部成分が重複して
過多になるため
バランスを取って、夜だけ、新しい強いお薬を1袋。

お散歩できなくなってなおさら
朝から療法食をバリバリ食べないので
湯がき野菜に掛けてあげるのですけど
混ぜても粉が多くて、苦くて
美味しくなさそう。。(*_*)





これまでの白い錠剤(イカイガを抑える薬)に加えて
茶色い錠剤(強心剤)が増えました。
朝白いのを1つと
朝 ケホケホしてる事が多いので
夜は両方飲む事に。

トリミングや、ドライブ、動物病院など
ドキドキする事が予測される時は
必ず飲んでから出掛けてくださいとのこと。




それにしても、こちらは
いかにもカリカリのドッグフード!
っていう臭い・・・(ヽ'ω`) 
横に置いてたら私寝れないくらい。臭い!





そして、薬が強くなるほど、利尿剤を多く含むので
頻尿気味になり、おまたの汚れが気になり出したので
トリマーさんと相談して、潔くカットしてもらいました。


トリマーさんに、
病気が進んで、利尿剤もきつくなると
寝てる間に知らずに失禁してしまう
心臓病のわんちゃんもいますよ、と言われました。。


どのトリマーさんも、
ヒナちゃんは毛吹きが良く
立派だから残した方が良いです、と言ってくださっていたので
8年間切った事がなかった自慢のお尻の飾り毛を、
生まれて初めてバッサリカットしました。
お尻がつるん。色々と丸出し\(//∇//)\



愛犬ヒナちゃんの事では、
後悔ばかりしていました。



毎日抱っこしてて、どうして心拍数がこんなに早くなってる事に
気付いてあげれなかったのだろう。


心臓病と知ってたら、お粗相した位で、
躾とばかりにキツく怒って
心臓をドキドキさせなかったのに!


もっと早く専門医に診てもらっていたら・・
半年でも1年でも早く
療法食を食べさせてあげれたのに!
そしたら、15年しか生きないとして
初期のまま、何年も進行を止めれたかも知れないのに!



と、毎晩寝る時になったら、泣いてばかりいたので。
思い詰めた気持ちでいっぱいだったんですけど。


病気が発覚する前から申し込んで当選していた
LIVE(過去記事)に、行って。


別世界に連れて行ってもらって、
心の底から笑ったり、感動したりして
本当にすっかり、気分転換になりました。
見てくれてた主人と、KinKi さんと、友達たちに感謝がいっぱいです。



お客さん達の中にも勿論
日々、様々な想いを抱えた人達が居て。
どなたに取っても
かけがえのない人生の
かけがえのないひと時を感じれる
夢の世界なのだと改めて。




どのおやつも、塩分が多いし、
おもちゃも、お散歩も、ドキドキしちゃうし
ドッグランなんて、もう一生入れないと思うと
犬としての、幸せの殆どが奪われたようで
とても悲しいのですけど。




無理をさせない程度で、限られた世界の中で
穏やかに、幸せに、なるべく他にはストレスなく
暮らさせてあげたいなと思います。




今回のフードは、
ロイヤルカナン 心臓病サポート2
(楽天最安値)



病気に対して、強すぎるお薬は、負担が強いですが
その代わり、療法食と、お薬の強さが、
ばっちりヒナさんに合えば
何年も進行を止めれる可能性が高まるので
先生と相談しながら、少しずつ様子をみながら、今はこのフードにしています。


相変わらず1日1回食べたら良い方で
食べたいテンションの時しか食べませんが
いったん食べる気になれば、カリカリ音を立てて完食します。
「心臓サポート1」より大粒です。



主人が、動物病院へ行って定価で買いましたが
ネットでも療法食が買える(定価よりお安くて、重いのもあって)
ので、


飼い主さんの判断で勝手に
強いものや弱いものにされると、とても危険です。

フードを変える時は、必ず
掛かりつけの獣医さんの指示を仰いで
その時々で、検診を受けて
今の愛犬の病状に合ったものを。


その上で便利にお買い物されるように
お願いします。





ヒナさんは、飽き性で、元々食が細いので
毎食、薬と、療法食の両方を
食べさせるのは、変化と工夫が必要で
お薬を、はちみつやヨーグルトに混ぜる作戦も
成功率100%ではありません。。
錠剤はりんごに挟むと喜んで食べてくれますが
りんごも毎回で摂りすぎるとシュウ酸がキツイと先生に言われたし。
(特に皮の部分は、取り除いてます)
こちらが参ってしまう日も多いですが
何とか頑張っています。




同じ病気を抱えるワンちゃんが居て
フードジプシーな方に少しでも参考になれば幸いです。





関連記事
Tanks access
my dining chair
my dining light
my roomba ♡
HAY hand torso
diem
MOYO
art poster
MY PET GATE
DOG STEP
MY DOG TOILET
my lovely dog’s Anniversary
*script by KT*
my ROOM
DahliaのROOM
楽天トラベル
楽天カード
楽天オークション
楽天デリバリー
楽天ブックス
black and white 1
モノクロ収納
black and white 2
interior
read to the end '17
2017年 読了本
read to the end '16
2016年 読了本
read to the end '15
2015年 読了本
read to the end '14
2014年 読了本
read to the end '13
2013年 読了本
read to the end '12
2012年 読了本
read to the end '11
2011年 読了本
read to the end '10
2010年 読了本
read to the end '09
2009年 読了本
read to the end ~'08
2008年までの 読了本
toto big
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。