--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/23

『祇園 さヽ木』①



京都で最も予約を取るのが
難しいと言われているお店の1つ
『祇園 さヽ木』さんへ
ランチに行って来ました♡

* * * *



グルメなお友達が、1月に
予約してくださったのですが
朝一から電話が全然繋がらず、
午後にやっと繋がったと思ったら
既に予約がぎっしり詰まっていて
丁度 3ヶ月先である、今となったのでした。



予約の方法は、
大将の仕事が見える人気のカウンター
17席は、1組3名まで、
毎月 1か月前の朝9時から予約開始。
個室は、3ヶ月前からの予約開始だそうです。

ほぼ毎日、先までずーっと
ご予約のお客様だけで一杯になる状態
なんですね。


お店と私達全員のスケジュール確認のため
何度も繋がりにくい電話をしてくれた
友達に感謝です♡


「えー!?こんな凍える1月に、
桜の咲く頃の予定なんて
誰にも分からないわよねぇ~笑」
「でも、有給使ってでも
どうにかして、お休みにするわ~笑」

なんて言ってたのに、笑
いよいよ、この日が来ました♩





タクシーで駆けつけると、既に
着物を来た女性がお店の前まで出て
お出迎えしてくださっていました。





5人の予定でしたので、
2Fの掘りごたつの個室です。
お手洗いもすぐ横に作られていて。
仲居さんがお料理を運んで来られて
一つ一つ説明してくださったり、
お酌やお料理の取り分けをしてくださる以外は
障子を閉めてくださっていますので
他のお客さんに出会う事も
騒がしい声が隣から漏れ聞こえることも
全くなく、
まるで旅行に来たように寛げ
貸し切り、プライベート感が♡
お忍びにもぴったり。(*`艸´)

この日は
半袖にサンダルで丁度良いくらいの夏日。
中庭からの涼しい風と、
明るい日差し。
広々としたお部屋で、とてもゆったり過ごせて
気持ち良かったです。






さて、(本当に)待ちに待った
お料理STARTです♡
12時に全員一斉にSTARTです。
(止むを得ず遅刻した場合も
夜の部の仕込みの準備があるため
14時過ぎには出ないといけません)

一杯目は滋賀の冷酒から。





車海老とホタテの炙り
ジャガイモの豆腐
ライムのジュレ

暑かったので
冷たくてさっぱりしたジュレも
冷酒も、ぴったりでした。





端午の節句に因んで
菖蒲刀(菖蒲の葉と菊菜を使用。
1番最初の写真参照)
その下には、
ちまきに見たてた、穴子のお寿司。
人参葉のお浸し。
小さなお魚は、あまご。
柔らかく炊かれた蛸や、
サツマイモの甘く炊いたもの、
豆など、季節のお野菜を。
小鉢の人参葉、シャキシャキ美味しかった♡
お盆はひょうたんの図柄でした。




碗ものは、鯛の揚げたもの。
卵豆腐のお吸い物。

やっぱりお出汁が、
家庭では出せないお味ないのよね。笑





お食事開始時間に合わせて、
11時半から、お店で藁で焼いている
初鰹たたき。
和歌山 串本のちり酢で。
器が可愛いです♡




②へ続く・・・



関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。