--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/20

法事



母の日のこと。
パールのネックレスの留め金と
イヤリングの留め金に、早速 耳たぶと
首の後ろがかぶれた長男の嫁の喪服。笑





どんな豪華なホテルのお食事でも
上司の前では写真を撮らない主人が珍しく伊勢海老のお造りを撮ってるので。

「法事中に不謹慎ですよ!ヾ(*`Д´*)ノ」と言ったら
「誰もそんな雰囲気の人居らんやん!笑」


確かに・・・。
法要中 涙を流してた人、皆無
|д・)…笑



「仏様は、例え罪深き人であっても
平等に人には死を与え差別をしない。これは生まれる時、生きている時にも通ずる概念である」
みたいなお坊様の含蓄あるお話を、
何年か前に年上の男性からいただいた言葉、『本当に心の綺麗な人は、差別しないのかな』と重ね合わせ、
なかなかできる事じゃないけど、そうだな、と自分なりの解釈で
反省しながら、頷きつつ真面目に聞いていたら。


「高尚過ぎて何言ってるのかさっぱり分からないけど、足が痺れるから早く終わって欲しかったわねー!笑」
「ほんと、ほんとー!
お父さんが質問なんてするから、話が伸びたじゃないの!笑」
って、ノリですし。。笑


隣の義叔母さま
「何?Facebookにでも載せるの?
叔母ちゃんもしたいのよ、
登録の仕方教えて!
友達申請するから、無視しないで
絶対許可してよ~♪ヾ(*´∀`*)ノ笑」
って、主人に言ってますし。




お食事中は
どこのご飯屋さんが美味しいだとか。
食べログ1位で並んでるけど大した事無かったわとか。
○○○ってお店が、新○○○になってるけど、建物もそのまま、
(新・加勢大周ちゃうねんから!と、私も話に加わる。)
お味やメニューはどうなの?とか。笑

近くの食べ物屋さんの情報交換ばかり。(´▽`*)アハハ



ふと見渡すと、
スーツの胸ポケットに、お料理に付いてた生花を可愛らしくあしらってる
酔っ払いの義叔父さまが、約2名。
それを遠目で見て、
「あのよく喋るおじちゃん、花さしとる! (°ε°*)フ°ッ!! 」
って、皆で肩を震わせて
デザートの生チョコを。。



マイクロバスで全員で自宅に戻る道中も
偶然会話に出てきたお店の前をほとんど通って
「ここよ、ここ!」
「食べログツアーみたいじゃないの!!」
と、皆で大爆笑。



実父や実母の法要は涙に明け暮れて
姉弟で切り盛りして大変だったのですけど。
今回した事と言えば、
お坊さんへの、
お布施、お車料、お食事料の
文字書きを頼まれたくらいのもので。
(それだけでも私にできる事があって良かったです。笑)
私、本当に気が抜けました。笑


田舎の方に嫁いだお友達に聞くと
前日から泊まって準備を手伝ったり、
お供えに洋菓子を持参したら非常識だと怒られたなど、
法事やお正月は、しきたりが厳しくて
本当に大変だと聞くのに。


一応、長男の嫁なんですけど、
「私達が死んだ訳じゃないし、笑
見た事も無いお祖父さんの法事だし
わざわざ来てもらわなくても良いくらいだけど
家に居てるんなら、お食事でも食べに来たら(゚∀゚)♩」
なんて言われて。笑



故人を偲んで明るく思い出話をする事が弔いになると言いますが
故人についてのお話はと言えば
「頭の禿げ具合が、兄弟皆そっくり。笑」
だけだったという・・・。



ざっくばらんな方の所に嫁いだもんで
義父母達には、本当に恵まれました♩笑





お留守番犬には





お供えのスイカ
(初物を家族の誰よりも早くGET)

沢山お供えのお菓子をいただいたので
賞味期限までにいただかなくては。。汗




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。