--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/07

堂本剛 平安神宮公演 2013 9/14 ①



例によってうんと遅い 思い出し。
SNSでリアルタイム情報が得られる今、
レポは当日の夜でもないとファンの方の
お役にさえも立たないのですが。笑
私的備忘録 兼 いいとも増刊号によると
“世間に誤解”されやすいらしく、笑
「髪型がコロコロ変わる、個性的なファッションの、お歌の上手い人」
までの認識の方にこそ。
剛くんの内側を、少しでもお伝えできれば幸いです♡





お昼間の晴天と打って変わって
ケーキを食べてる間に
パラっと降ったようで
雲行きが、怪しい感じに。
ダリ「頼むで つおしッ・・!笑」
が、なんとかお天気がもった♩





今年もグッズ販売は無いが
なんと、会場限定の
CD/DVD購入特典があった。
直筆メッセージ付きポストカード。

私達が平安神宮に着くまでの間に
「天魔盤」も、売切れ
“ 予想 遥越えの反響で、
限定版CD3種が 完売です ”
という、CD SHOPさんの呟きが!
このSHOPさんの呟きには
中の人に誠実な人柄が伺え、好感が♡



偶然にも
友達2人に頼まれていたのは、
唯一在庫があった 「通常盤」。
無事買うことができ、胸を撫で下ろす。
(翌日の開演前には、通常盤は買えるものの
ポストカード自体が終了。)





去年は外には無かった祝い花が
入場口に飾られていました。






今年もステージには
赤いシャママイクが立てられ。
彼が入るスペースに
斎竹(忌竹:いみだけ)が
張り巡らされ、そこに・・・

ダリ「風鈴付いてる。(*´艸`*)笑」
友達2「ほんまや。笑」




お席は中央より少し左寄り前から5列目。
ステージに近過ぎて
引きの絵で見れないことに加え、
左側前方に機材が山積みなこともあり
3人居るはずのホーン隊(左端が立ち位置)は
終始、右端のサスケさんしか見えず。笑
スティーブさん(右端の立ち位置)は、
Ω ←(スキンヘッド ) しか見えず。笑
さらに、目の前を ずっと
撮影カメラのクレーンがチラチラ
縦横無尽に 移動している。



しかし、これらは贅沢な悩み。
剛くんのお顔もお衣装も、
はっきり見えるのだから。

(さらに剛くんの汗や涙目や
バンドメンバーの手さばきや
バチさばきが見たいので
また映像化されることを切に願います。
テレフォンショッキングに
堤監督からお花が来ていたので
勝手に期待値 上がり済み♩)




= お衣装 =

胸が深く開いた黒インナーTシャツに、
テロっとした真っ赤なシャーリングの
サルエルパンツのサロペット。
上にモノクロの柄を作る
キラキラ スパンコールの
丈短ベストを羽織っている。



(全然違ぇよ!とファンの方に
石を投げられる覚悟で)
しまった!
お家にあるスパンコールのジレと
テロテロサロペット着てくれば良かった :(
と苦渋の顔を作る、本当にめでたい私。笑



オープニングのインストは、
桜、ひまわり、紅葉、雪の結晶や、
MVにもあったゼラニウム?の花などの
開花する様、散りゆく様など
春夏秋冬の一瞬一瞬や
移り変わりを表すような映像が、
次々にプロジェクターのように
本殿に映し出される。
美しい四季がある日本を意識した
演出のように見える。
自然の営みは、
この地に都があった時から、今も変わらない。



毎年恒例となった
カラフルなレーザー光線は、
時に三角、丸、スクエア型・・・と
形作ったりして
平安神宮中の建物を、バンバン射抜く。



= SET LIST =


1 Welcome to shamanippon

2 くにのうた

3 I gotta take you shamanippon

4 Clap Your Mind

曲に合わせ
腰を、揺らしたり突き出したり
すごくセクシーな歌い方と
お腰さま祭り!

5 …ラカチノトヒ
新しいアルバム以外からも
ちょいちょい歌ってくれている!

6 縁-groovin' -平安神宮ver.
「groovin~♩」と
溜めるような感じの歌い方が
ゆったりとした曲調に乗って
色っぽく、艶やかだ。


7 時空

舞台から客席に向かって
シャボン玉が放出される。
その虹色が
7色に変化するレーザー光線に当たり
ガラス玉のように
夜空にキラキラ輝きながら
こちらへ ふわふわと飛んでくる。


私の隣のお席の、カップルで来られて
終始 キャピキャピ喜んでいた
20代前半の 可愛い彼女が、
飛び跳ねてシャボン玉を掴もうとしたり
大はしゃぎする中。



幻想的な頭上のシャボン玉を
椅子に座りぼんやり眺める、
お疲れMAX の私!
お、おばはん! (☝ ՞ਊ ՞)☝☞笑


シャボン玉を目で追っていた
友達2「(;゚Д゚)!」私を見つけて苦笑。

平安神宮の砂利は
1日観光した運動不足の足腰に
響く。( ;∀;)



・・とその時、
前方で大きく一部の客席が移動していて。
友達いわく、気分を崩されたのか?
ご婦人が、車椅子で運ばれたらしい。
ほどなくして、無事戻られた様子で良かった。
剛くんは全く動じず演奏を続けていて
気付かずだったようで?良かった。


8 赤いsinger

「♩きみの名前は赤いSinger~」
と歌いながら
そっと自分の胸に、手を当てる剛さん。
後ろから照明が当たっててシルエットで剛さんの生足が
テロテロのパンツから透けて映し出される。
今回、全体的に照明の演出が暗くて
ムーディーで。

友達2「剛の顔、暗くて
あまり見えへん!( ̄▽ ̄)笑」


9 technologia-意志

曲のチョイスに、やはり1年経っても、
剛さんの伝えたいことは同じなのかも知れないと思いながら聴き入る。

10 瞬き

『縁を結いて』のような特別感で
十川さんのピアノソロでしっとり始まる。
他のミュージシャンも、演奏の手を止めて
腰掛け、客席と一緒に聴き入る。

十川さんだけに照明が当たっている間、
ずっと空を見上げる、剛くん。
流れ星を探しているのだろうかと
つられて頭上を見上げるが、
今夜は星も見えないし
虫の音も聴こえない。

しかし、それもまた、今日だけの
ナチュラルな天候で行われる
野外ステージの醍醐味というものだ。
曇り空に、どこまでも伸びる
歌声は、やはり心地よい。



泣いてしまうのではないか?
というような
震える かすれた声を詰まらせ

「♩そっと・・未来(あす)を・・・
信じてる・・・」
と、最後に歌い切ったとき。

歌い手同様、我慢したのに
やはり堪え切れなかった
すすり泣きが、客席方々から聞こえる。

どういう想いで
この曲を作ってくれたのか
皆、分かってるよ。。゚(゚´ω`゚)゚。
いつも、嘘偽りない想いを
届けてくれて、ありがとう。

やっぱり皆も、
もらい○○しちゃったよねぇ。
( ;∀;) 笑


11 ツクFUNK →セッション

バンドメンバーさんそれぞれの
ソロタイムもあり。
いつもの仲間たちの奏でる音を、
リズム取り、体を揺らし、
すごく楽しそうに見守る剛さん。



スティーブさんとダッチさんの太鼓が
地面から足を伝い、子宮まで震わせる。
↑ ところでこの表現大丈夫か?笑






2 MC へ続く。




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。