--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/01

『ラ・パティスリー・デ・レーヴ』 京都高台寺店



『ラ・パティスリー・デ・レーヴ 』の
ケーキ人気 BEST3 は、この3つ ♡
手前から、サントノーレ、
パリブレスト、タルトタタン。
3つとも、2人でシェアー♡






パリに本店があるデ・レーヴさんの
日本1号店、京都高台寺店です。
京都の街に溶け込む、和モダンな店構えは
百貨店内にある大阪の2号店のそれとは
やはりロケーションと雰囲気が異なりますね!



= 今日の必死 = ♪笑





店内は、
大阪のうめだ店と同じ世界観です♩



日本人の常識を覆す
近未来的な ショーケース。




イートインは
京都店でしかいただけません♡
ケーキセットのみで、1Fでケーキをオーダーし2Fの席が空いたら案内してくださいます。ケーキやお土産を見ながら待てるので、すぐでした。

階段からお二階まで続く
デ・レーブマークのカーペットが
楽しい事が2階に待ってるよ♡と予感させ、ワクワクさせます♩
こんな細部にまで
デザインのこだわりが伝わります。

山道では歩が進まないけど
急に足軽に階段を駆け上る友達。笑





吹き抜けの2Fから入り口の眺め。
京都はやはり外人のお客さんの多いこと。
入って来ては、皆ニコニコ
写真撮ってて可愛い。笑

入店してすぐ右手には
クイニーアマンなどパンも売っていて
1Fの奥には、ズラーっとケーキのストック(本来のショーケース)や、焼き菓子販売、
レジ、京都らしい坪庭も。



席数は少なく狭めで驚きなのですが
ライトグレーを基調にしたシックな
内装に、所々にアクセントとして
クッションやメニューの
差し色のピンク色が映え、
何もかも 洗練されてるのに
可愛いいという 空間を作っています。
女子にはたまらないお店です。





人気No.1はこちら♡
■タルトタタン
断面が層になってるのが分かりますか?
くし形に4~8当分したりんごを
使うのが常識のタルトタタンですが、
こちらは形からして新鮮で、かつらむきしミルフィーユ状に薄切りにしたものを何重にも折り重ねオーブンで1時間半焼いてるそう。

じっくり火を通すことで
糖分がまんべんなく浸透圧するそうです。紅玉りんごの酸味が、さっぱりとして
とても瑞々しくて、甘ったるくなく。
こんなにしっとりしてるのに
パイ生地はサクサクのまま!

パイも美しい層を作っていて
手間暇かけて愛情込めて作られた
美しいお菓子は、美味しいのだと
思い知らされます。
それはまるで、F1に使われる車の
機能美のように。

実は、アップルパイやタルトタタンが
甘ったるくて苦手な私。
やはりタルトタタンは私には十分甘いのですが、決して甘ったるくはないのです。
小ぶりだし、美味しくいただけました。
恐るべし (☝ ՞ਊ ՞)☝☞!

■ サントノーレ 
プチシュー部分が特に美味しくて
表面のカリッカリのキャラメリゼを噛むと、中からまたクリームが♡
ボリュームたっぷりなのに
甘さは殆どない生クリームとカスタード。
サクサクのパイ生地。
色々な食感が盛り込まれていて
1つで満足度の高いケーキ。

■ パリブレスト
(パリ~ブレスト間の、自転車レース開催を記念し、車輪を イメージして作られた)
シュー生地は意外にもしっとり。
しかし、シュー皮より大きく
はみ出すように丸く絞り出された
大量のプラリネクリームが
濃厚でインパクト大!
元々ヘーゼルナッツやアーモンドは大好きなので「う~ん♡」と唸りながら食べました。
こちらもボリュームがあります。



思った通り
何を食べても美味しい。
・・・とはいえ、
甘いものは量が食べれないので
甘いもの大好きな友達に
3つとも 2/3ずつ 食べてもらいました。
1人だと丸々1個も
食べられなかったかも。おかげで
ちょっとずつ色々 食べれました。
ありがとう♡




ほうじ茶ラッテも、香りが良くて美味!
ほっこりします。
(後から知りましたが、
茶プレッソ・茶ラッテは、
フィリップ・コンティシーニ氏が
京都店のために考案した限定メニュー)

うーん。幸せ~((o(´∀`)o))




= 今日の必死 2 =





夕方休憩の友達1に
この写真を送ったら。

友達1「2・・・。笑
ここ一番の 笑顔やん。(*´艸`*)笑」



「剛くん、食べたことあるんかなぁ。
甘党の剛くんに、この絶品タルトタタン
食べさせてあげたいなぁ♡」

剛「おいしーい♡(*´ー`*)」
↑こんな顔して食べるに違いない!

「ほんまや!
剛も 来たらええのに! 今!笑」

とか言いながら、
パクパクいただきました。笑





祇園さゝ木 (過去記事)とのコラボ
要・予約の、“京都ブレスト”(Lmaga.jp)。
(隣のお席のカップルが食べていた!
彼氏さんが、ここのお店めっちゃ美味いを3回も連呼!(*´艸`*))


他、阪急うめだ本店では買えない
京都店限定の焼き菓子もあり。
友達が職場や明日会う友達1に
買って帰っていました~♡
私も辻さんのグラス持って
LIVE前なのに、荷物がゴイスー!笑

一つずつでもとても可愛い袋に
入れてくださいます。
本当にいちいち可愛いの ヾ(≧∇≦)ノ"♪

時々I子さんも、うめだ店で
マドレーヌやフィナンシェを贈り物につかいますが
カリソン・フレ(過去記事)など
焼き菓子も本当に美味しいです。






友達「わ!会場限定のCD
もう初回盤はAもBも売り切れたって!
ファンの人が呟いてくれてる!」

「嘘!友達に通常版 頼まれてるから
そろそろ平安さん行こうか!」

剛さん。すいません。
こうして “square” なものからも
逐一情報を取り入れて、必死に生きてます!*笑




イートインして、より伝わる世界観。
可愛い、美味しい、嬉しいサプライズの連続が、非日常的な空間が
まさに“夢のお菓子屋さん” でした。

ラ・パティスリー・デ・レーヴ 京都高台寺店 (食べログ)

昨年末に、人気メニューの説明や
サブレ、フィナンシェなとが作れる
レシピ本も出ています。
パティシェの理念や、細かな製造工程
を知って食べると、有り難みや美味しさが深くなるでしょうね。


ラ・パティスリー デ・レーヴ
レシピブック: 味覚の魔術師、
フィリップ・コンティシーニのお菓子

(Amazon)




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。