--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/27

辻和美 『color』



LIVEの前に、京都をぶーらぶら。
(やすともの どこいこ!?風に)






お仕事で、LIVEは15日の夜からしか
参加できない友人に

「京都で辻さんの個展やってるの。
ちょうど LIVE中!!
私は行けないけど、行って来たらいいよ♡」
と、教えていただいていたのです。



彼女は、以前
金沢の辻さんのアトリエ(factory zoomer)で
とてもオシャレなお友達夫婦の
ご結婚祝いにと
辻さんのめんちょこを贈ったり
自分用にも買って帰った事があったのです。




お伺いする数日前に
個展をされるカフェにお電話して
お店への行き方を確認した際、
「実は辻さんのグラスが見たいのですが
もうあまり残っていませんか?」
とお尋ききしました。

「辻さんが在廊した、初日2日間で
どっと売れてしまいました。
水曜日に追加で入れてもらいましたが
やはり辻さんのグラスがお目当てで
はるばる来られる方が多いので
まただいぶん減ってしまい、
お客様が来られる土曜日には
どれ位残っているのか・・?
前日の夜にでも
お気軽にお電話くだされば
在庫をお知らせできます。:-) 」

と、とても感じ良く ご丁寧に
おしえてくださいました。

うーん!やはり、人気作家さんは
初日の開店と同時に
お伺いするのが 鉄板ですね。




仕方ない、無かったら無かったで
ご縁が無かったという事。
それに、数年前から
ずっと行きたかったカフェ。
こんなきっかけでもなければ
なかなか行けないし、珈琲飲んで帰ろう♩

加えて、絶対にどのお色も素敵で
見たら最後、
買わずに帰れる訳が無いのだから。笑
私には高価な、贅沢なものだしね。



当日、
残念と安堵が入り混じった気持ちで
出掛けたのに・・・

思いの外 沢山
残ってタ━━━━(゚∀゚ )━━━━!!!! 笑
初日はかなり沢山あったのでしょうね。





コップ型、めんちょこ型、
背の低いシャーレ型の3型。

同じ黒でも
明度と彩度が、少しずつ違う。
全く同じ色に見えても、よーく見たら
微妙に形が違う。
その違いを まだ十分 迷いながら選べる幸せ。

この白いテーブルで見るのと
茶色いテーブルで見るの、
朝陽の当たるリビングで見るのと
夜の照明で見るのではまた違うだろう。




お葉書を見て、
黄色と、ピンクと、紫と、黒が
気になっていました。

白と黒以外では
好きな色はブルーだけど
青はiittalaで持っている。

黄色だけでも色々少しずつ違う。
困った♩

迷った時はファーストインプレッションで!





わりとさっさと数個決めて
梱包していただいていたら。




先客のお客さん達
「え!?もう決められたんですか?
どれにされたんですか!?」

↑可愛い お2人さんは
私のチョイスを褒めてくださった後、

私がゆっくりコーヒー飲んで、
帰る時にも
まだ 迷ってはった!!!笑


辻さんのグラスをいくつもお持ちで
この日は 4~5個ずつ買われていたような。
羨ましい♡




確かにこの場で 一個だけ買って帰る
勇気を持つことは難しい。

複数個
テーブルに並べることによって、
反対色を選んだり、
逆にテーマを持って色味の近いものを選んだりと

そこに選んだ人だけの
リズムや法則や色の奥行きが生まれる気がするし、
色は互いの色を引き立て合うような気がするから。

一個ではなくて二個なのだ。
三個より四個の方が、より世界観が広がる。

今回の展示は、全ての色が揃って、
この絵になっているのだから。



一個しか選べないなら
せめて、お家にある辻さんの
モノクロのグラスにも合うものを。
できれば、手持ちの他の北欧の食器達とも
うまく合わさられるものを。

そう想像したら、逆に絞れて
スパパーンと選びました。





「色番号やシリアルナンバー入りで
2つとして同じものは無いんですよ♡
コレクター魂が揺すぶられますよね
(*´艸`*)」

お電話でも対応してくださった方が
私の話した内容を細部まで
覚えていてくださって、
終始笑顔で説明してくださいました♡




買うものが決まったのでホッとして
撮影可能だったので、
撮らせていただいていたら。



先客さん「あ、ごめんなさい、
迷っちゃって勝手に移動させちゃって。
色が偏って、
お写真のバランス悪いですよね。」



STAFFさん
「いいえ。:-)

『 お客様が移動されたのは
理由があって、そう動いたという事。

それはそれで、
その時の絵になるのでそのままで良いのです』

と、
辻さんが、おっしゃってました。」




一同「さすが!!芸術家は、
イマジネーションが違いますね
(*'͜' )⋆*♡」




右上から2段目が 彼女達が
迷われてた 微妙に違う
ピンク~オレンジ~イエロー。笑

これらが一気になくなったので
私達が帰った後はきっと
だいぶんシックになったでしょう。



今回の一番人気は
赤とピンクだったそうです。
(ちなみに 剛くんが好きな色♡笑)
普段はシックな色しか買わない方も
あえてカラフルを買われる傾向だったとか。



こうやって今冷静に見ると
カフェではラタトゥイユを入れて出していたというシャーレ型も
ブルーもグリーンも渋い紫も黒も
本当に本当に、どれも素敵。



辻さんのグラスは、今でも
定番の形でも2~3ヶ月待ちだそうですが



今回のようなお色は
こういう特別な個展の時にしか出されないとのこと。
「color」は、実際に足を運んでしか
買えないそうです。



機会を与えてくれた友達と
気持ちよくゆっくりと
お買い物する時間をくださったお店の方(Blog
に、感謝です。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。