--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/15

un jour un sac



“一日一つのBAG” という意味を持つ
パリ発のブランド。
取っ手と、本体が別売りなので、
好きな組み合わせを選べます。



西宮阪急にて
新作フェアーがやってました。
(常設してるそうです。)

新作のレオパードは
ブラウンとグレーがあったので
迷わずグレーをチョイス。

ダリ「持ち手は、
エナメルのイエローは
元々お作りが無いのですか?」

店員さん「申し訳ございません。
レモンイエローか、山吹色の
普通の革ならございますが。」

ダリ「なんで!?
絶対にエナメルの黄色が可愛いのに(゚∀゚)♩」
↑クレーマーww

店員さん「パリのデザイナーに、
日本のお客様から要望があったことを
お伝えしておきます。笑」




けど、こちらのブランドはインナー
にラインが入っており、それはどの色柄の本体にも赤と決まってるそう。

チラリと見えた時に
持ち手がイエローでラインが赤より、
持ち手も揃えて赤の方が
普通だけどおさまりがよい。

黄色の方が、私に似合いそうだけど
鞄単体で見たら、赤が綺麗。

大きくて軽い鞄が欲しかったので
赤にしました。

それに、赤の持ち手がくたびれたり
飽きたりしたら、また別の持ち手に
変えられるのが、
このブランドの良さですものね!

(理想は、持ち手、本体共に
複数個所有し、その日の気分で
それぞれの組み合わせを楽しむ。)



この柄の生地は自立しないことと、
買ってから荷物を入れて
実際に長時間移動すると
コートの上からでも腕に通せるけど
薄着の季節は、エナメルは少々肩に食い込んで痛いという欠点はあります。。
馴染んでくるかしら?


合皮なので、汚れたらサッと拭けば
雨など扱いは簡単で、むしろ防水スプレーは
しない方が良いとのことです。


柄が柄だけに、
大阪のおばちゃんにならないように
気を付けて持ちます。笑


アンジュール アンサック (HP)




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。