--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/18

堂本剛独演会「小喜利の私」大阪松竹座 11月1日③


(写真は新歌舞伎座 :めざましテレビ)

前回からだいぶん
日にちが空いてしまいまして
需要がどれ程あるのか測りかねますが
しれっと続きをアップしますよ~笑





(嬉しそうに顔ハメ写真を撮り笑、
グッズを買い、着席)


ダリ「ねえ。セット、これだけ?
あの真ん中の小さいちゃぶ台に
ポツンと座って、お話しするの?笑」



友人1「そう!凝ったセットも無し、
ただただ座って話すねん!笑

光ちゃん(shockとソロ)なんて
何十人もプロダンサー
(外国人・元宝ジェンヌ含む)雇って
世界的に高名な振付師に振り付けてもらって
何度も何度もセットチェンジして
照明にもこだわって
ダンスして、吊られて、階段から落ちて
怪我して、痩せて!(過去記事 参照)


それやのに『小喜利』と、チケット代金
1000円しか 変わらへんなんて!
。・゜・(ノД`)・゜・。



剛なんて、声も張ってへんし!( ̄^ ̄) 」

↑ホンモノの落語家ばり発声を所望w


ダリ「あはは!
それ、友人2も 言うてました。
『けど、おもろいから
“振り込め”してしまうのよねー
( ̄▽ ̄)!』って。笑」



友人1「そやねん!おもろいから、
しゃーないねん、これが!

去年Xmasに京セラドーム、
大晦日に東京ドームでカウントダウン、
真夜中に小喜利、
元旦に光ちゃんの誕生日コン。
フルコース行ったけど。
小喜利が1番おもろかってん!(≧∇≦)



ダリ「第二十四回 って書いてある!
今日が、24回目!?」

友人1「第1回目から、
24(つよ)回て、書いてあるねん!」

ダリ「笑」


友人1「今日の天声さん、誰かなー?
竹若さんがいいわ。
おもろい人が良いから!((o(*゚▽゚*)o))♩」

↑ お笑いに厳しい人





始まりました!!o(^▽^)o
プロジェクターに
剛くんの顔写真が映し出され。

毎回異なる
この日のキャッチコピーは
『浪速の狂犬』
会場「笑」

その中央下に
横向きのシルエットが 映し出され
そこから 決めッ決めの顔で 登場。
会場「キャー♡」
(どんな面白い話してくれるん?と
期待に満ちた顔で拍手)

机の前方に立ち、パンツの両サイド摘み
片足を後方へずらし、お姫様 挨拶。
会場「笑」

剛「僕、“浪速感” 無いですけどね。
このキャッチコピー、
上手く行ったことない。
あと、お願いですから、
この写真は嫌です。
普通はハネるやつでしょ!」


↑ 確かに、ジャニーズタレントとしては
まず使ったらあかんやつ。
悪意のある写真。笑


天の声「ちょっと、ちょっと!」

友人&ダリ(この声は、まさかの西野!
Σ (°_°)(°_°) )

会場 「ザワッ」
( 天の声に、キングコング西野くん
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!! )

↑ 一声ですぐ分かり、大喜び


剛「西野と、信州旅行もええなとか
楽屋で 1時間半、始まる直前まで
話してましたから。」

(剛くんの奈良弁?「おとな」
のイントネーションで、「にしの」)
西野「ひゃひゃひゃ!楽屋トークの
時点で、声枯れるってゆうね|( ̄3 ̄)|」


・・・あの可愛い楽屋の入り方の後、
人がキューン♡となってた間、
そんな事しとったのかいッ!笑


剛「開演5分前やのに、マネージャーが
偉い人を誘導しに行ってて、居なくて。

仕方ないから、差し入れでいただいた
ロールケーキの残りにラップかけたり、
おいなりさん(←豆狸かな?)ゴムして
自分で冷蔵庫に入れて・・とか。
全部、僕がしましたから(*●△●)w」

↑ 長い一人暮らしで
身の回りの事は一通り自分でできる
スーパーアイドル。



西野「それにしても、この独演会 1週間で9回も
やってるんでしょ?!凄いなー!!」

剛「凄いって言うか、アホですよ。」
西野「アホですね、アホが仕上がってる!」

西野「あなた、もっと僕を
『小喜利』に呼んでくださいよ。」

剛「僕、毎日吉本さんに行って
西野が天の声に来てくれるように
土下座してますから。
今日も頭下げてから、ここ来てますから。」


西野「笑。難波の吉本?」
剛「京都花月や!」

西野「京都、もう無いわ!」

↑楽屋トークでウォーミングアップ済み
でノリノリのせいか、
天声さんやのに、ごっつ偉そうw(^^;;

剛&会場「笑」


剛「西野を押してるんやけど
なかなか決まらないんですよ。」

西野「あなたの押しがまだ足らんねん!」

剛「ほら、『はねるのトビラ』
とかあって、忙しそうやし・・・」

西野「『はねる』終わったんや!」

会場「笑」

剛「終わったん? なんで!?」
西野「視聴率が低かったからでしょ!」
会場「笑」

剛「視聴率低かったん?」
西野「最後の方、低かったの!
それ、掘り下げな!
なんで、ここでwwwwww」


剛「(傷口に塩を塗り
したり顔でにやにや ♪(´ε` ) )」

会場「笑」


西野「またフリートークだけで
もうこんな時間や!
はいはい、始めますよー!(^^;;
僕が天の声の時、喋ってばかりで、
題数少ないって、
いつも怒られるんですから!」

剛「笑」

西野(小喜利とは?の、説明をする)

欽ちゃんの仮装コンテスト風に
左右対の電灯が
全部 点いたら満点。

西野「上手いとか、どうこうじゃなくて
“ 僕が ” 面白いと思ったかどうかで
点数付けますからね!」

↑しかし、元々笑いのツボが似てる
仲良しさんの上に、ゲラな人。

剛(ペンを順番に出し、
可愛くちょんちょん並べる )

1階の後方席でも、大きな目を
楽しそうに細めて笑ってるのと、
ツヤツヤなお肌が見えましたよ♡♡


西野「お題:ジャムおじさんに
アンパンマンがブチ切れ。なんで?」


(シンキング&フリップボードに
イラストや文字をサラサラと描く剛さん。)
私なんか、何も思いつかない間に
すぐに描き始めるのが凄いなぁ。
そしてそのボケに客席が笑うより早く
間髪入れずに突っ込む西野くんも、
やっぱりプロのお仕事ですね♩



西野「あ~♩ 今日楽しいなあ~(*^^*)♩」
剛「(描きながら)
ヒートテック着てるからや。」


西野「ぎゃはは!言わんでええねん。
“楽しいなぁ” 言うたの。」

剛「“暑いなあ” って言うたんかと。
(天の声は客席から見えないからって)
手抜きで、
今日、ヒートテック着てますから。」

↑お客さんにバラすw
西野「がはははは!」


西野「いやぁ、
ほんまにイイお客さんですね。
こんなんで、めっちゃ笑ってくれて。
満足して面白かったわー!言うて
帰ってくれるんでしょ。笑

剛さんがフリップ描いてる間も _φ(・_・
客席は放置されてるのにww」

会場「笑」

剛「こぎりの“こ”は、
孤独の“こ”でもあるなと。笑

最初は元旦の真夜中のにゆるい時間に
ゆるく始まったはずの、この小喜利。
こんな長い期間やるなんて
イベント化して来てて、大変なんです。
僕ひとり孤独。【孤】喜利になりそう。
僕が書いてる間、お客さんも、孤独。


僕が知らん間に、会社の中で勝手に
『小喜利』の海外公演が、決まりかけて
ましたからね。

間に通訳の人入ってもらうっていう。
結果的に、僕が面白いこと言っても
通訳が上手い事言うた、
みたいになるから嫌や、言うて
なんとか、阻止しましたけどね!」

会場「笑」


西野「さ、出来たみたいですね。」
「お題:ジャムおじさんに
アンパンマンがブチ切れ。なんで?」


剛「答え:ジャムおじさんが
あまりにノーコン (トロール)だから」


(ジャムおじさんが投げた、新しい
アンパンマンの顔が、ポーンと
明後日の方向に飛んでいく絵)

西野&会場「笑」→ 8点


次々に思い付いて
フリップに書いては出す剛さん。

剛「答え2:飛距離が近すぎた。」

(地上で、すぐ隣に居るアンパンマンに
ジャムおじさんがポンと顔置いてる絵)

会場「笑」
西野 →【満点】

あははは!オリジナルだけでなく
アンパンマンの絵も上手い!(≧∇≦)笑



西野「お題:裁判で、
勝訴以外の結果を書いてください」


剛「答え:(お習字で半紙に書いて)

『あっそう』」


→【満点】


西野「良い顔してた。
『あっそう』感が良かったですね。」


剛(満足気に半紙をそっと置き
可愛く、うんうん頷く)



お習字描いてる剛くんを、
微笑みながら静かに見守る
図書委員に対し

西野「しっとりした、良いお客さんを育てましたね。
普通ジャニーズの人って、一挙手一投足
キャーキャー言われるはずなんですけど!」

会場「笑」



西野「お題:この絵で一言」

(ピンクの服着たサザエさんが、
こちらに勇ましく向かって来る絵)

西野「えー。マスオさんとジャムおじさんは
同じ声優さん。
タエ子さんは22才で、ノリスケさんは
25才だそうです!」

(描いてる間に、繋ぎでマメ知識を
ちょいちょい挟んでくれる)
会場「へ~!」

剛「答え:(パーマンの主題歌で)

♩パッパッパッパ
パーマンじゃ、ないのよ
サザエよ~♩

(↑歌とてる!
左下にパーマンのイラスト)

1人で肩を震わす剛さん。笑

→ 4点

( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)


ややウケだったが、にやにやしながら
また筆を走らせる剛さん。

西野「お!まだ行きますか。
お題:この絵で一言。」


剛「答え2:♩ピンクの服を
見せつけてるのよぉ~♩」


→ 7点 に上がる


( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)

↑ わたす達は絶対に笑わない!
 本当に「面白いね!」と思った時しか!

(カップヌードルCM風に)



西野「ふふふふふ!
あ!まだ行きますか!
今日調子良いですね、いいですよ~!
お題:この絵で一言」


剛「答え3:


『 Ta ca ta 』


MAXの新曲 」



→【満点】


あはははは!

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

これ、私的にツボで
この日1番 仰け反って 笑った答え!




↑ 剛さん、このポーズね?笑

* 歌番組を見ないあなたへ。
今年 話題の曲、MAXの 『Tacata’』。
歌詞も振り付けも面白いの。

だって、
「♩ユニバーサル言語 Ta・ca・ta」
って、意味分からんし。(≧∇≦)笑

次週の堂本兄弟のゲスト
椿鬼奴 × MAX=鬼MAXだから、
是非 観てね!笑


なかなかUPできず、
終わってしまいました。こちらを観てね


MAX 「Tacata'」MV原曲鬼奴 Tacata’一般女性一般男性(YouTube)

ふはははは!一般の方、忠実に再現!
忘年会にぴったり。

┌|≧∇≦|┘♩┌|≧∇≦|┘♩ ┌|≧∇≦|┘♩

OH!カモーン♩





西野「お題:何を言ってるか通訳して下さい」

(TOEICのリスニングのように、
ヨーロッパ圏外の?外国語が流れる)

剛「ぽ・・ぽぽぽぽ?」
↑しばらーく長いこと悩む。
西野「うっとぉしい顔!笑」

剛「答え:右手で ポポイッサー
ポメラニアン・ショー」


→ 9点

(長いこと悩んだ割に
意味不明な事を言って
さらっと流そうとした剛さんに)

西野「ポメラニアン・ショーの説明
お願いします!笑」

剛「鼻の上で玉を回したり、
ハウス!!って言ったら、小屋に帰る」

西野「ははははは!」

→【満点】


剛「この独演会終わったら、皆で
携帯のアドレスの取り合いですね!

【 migitede - popoissa 】

(ポイポイと、捨てる仕草)」

剛「(客席を見て)誰がアドレス
取得するのかな~♩」

↑それはやっぱりフリですか剛さん(^^;;


西野「今日、どこかで彼は
『ポポイッサー』被せてくると思います!」


剛「笑」
(芸人の親友にまんまと今後の行動
見抜かれ 突っ込まれ、嬉しそう)




西野「お題:この後、松竹座で行われる
シークレットイベントの内容は?」


剛「答え1:
長渕剛の 小喜利でピーピーピー 」




西野「お題:この後、松竹座で行われる
シークレットイベントの内容は?」


剛「答え2:

西野亮廣 の
タルタルソース 試食会。」

西野「笑」
→ 9点

剛「タルタルソース師匠と、二人で
タルタルソースを 試食する会」

剛「エビフライとか無し。
タルタルソースのみ。

タルタルソース師匠は
フリーランス、64歳。



↑ 妄想設定が止まらなくなって
自分でツボに入ったようで笑ろてる。

会場 (この日一番の)「大爆笑」

西野「'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、」

(タルタルソース師匠の
プロフィール追加で)→【満点】

剛「タルタルソース師匠は
高音ボイス。

相槌は、『そうっス!』(ソース)」
(肩を震わす剛さん)

西野「師匠、今日は飛行機で?」
師匠『そうっス!』
・・・新幹線で来ても、
師匠『ソーッス』ww



西野「あははははは!

いい加減にしなさい!笑」




西野「あなた!悪い癖ですよ!
滑ったら、大喜利じゃなくて、
力技(べしゃり)で 小刻みに点を稼いで
なんとかすんの、やめや!(≧∇≦)」


剛「だって滑ったら
寝られへんくなるもん。/ _ ; 」


↑ もはや、芸人

会場「可愛いッッッ! \(//∇//)\ 」

↑ ちょいちょい、心の声が
大声で漏れてるお客さんいましたよ!笑



剛「ちなみに、
昨日の小喜利の・・

『お題:
高倉健さんが、たけし軍団に入ったら
ニックネームは?』

『 ポップ高倉 』

って答えは、
自分で おもろ過ぎて
昨日、帰ってから思い出し笑いした。笑」


剛「おいポップ!!」
(たけしさんのモノマネで)




西野「あはははは!

ほんま今日、楽しいなぁ!!*\(^o^)/*」

↑何度もそう言ってくれてましたよ。




銀テープが飛び、前半終了。
BTタイム説明。


剛「気持ちよくおしっこして来て下さい。
トイレ、一緒にします?」


会場「 \(//∇//)\ 笑 」





に続く。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。