堂本剛独演会「小喜利の私」大阪松竹座 11月1日⑤ ~本当の24回です~


西野「お題:この写真で、一言」





剛「 答え:

oh~no~!!
(斧)」


→【満点】

西野「ぎゃはは!(≧∇≦)
ひねれや~!!!」



西野「お題:この写真で、一言」


会場「笑」

剛「大人の階段、
いつ上らはるんでしょうね?」


ピンと来なかったけど、このCMかぁ!
『 大和田常務 』 の要素、皆無。笑
損保ジャパン おとなの自動車保険


剛「答え:
『ブレスケアしたのに くっさぁ~』」

→【8点】

剛「答え2:
『ブレスケアしたのに ta.ca.ta 』」

→【8点】

剛「答え3:
『あれ?アゴが?遅れて?
開いて?来るよ?』(いっこく堂で)」

→【満点】



西野「お題:このメロディに
歌詞をつけてください」


♩るる~るるるるる~る
♩るる~るるるるる~」(北の国から)

西野(歌う)

剛(フリップ書きながら
鼻歌で1番を歌い切る)

剛 「答え:
♩あ~あ~あああああ~あ
♩あ~い~うえおかき~
♩き~き~きくけこさし~
♩し~し・・・」

(ビブラート効かせて、
気持ち良さそうにまだ歌ってたけど
以下略。笑)



西野「お題:『何これ?!』
新しい映画の宣伝文句を教えてください。


剛「答え1:見なきゃソン!(孫)」
(左に、SoftBank 孫社長、
右に、ピーコさんの似顔絵)

剛「イケると思ったけど、
孫さん上手く描けなかった。。笑」




西野「お題:何これ!?
新しい映画の
宣伝文句を考えてください」


剛「石原軍団とか でしょうねぇ?

『答え2:
たち(舘)がた(立)った!』

(クララが立った風に?)
→【8点】

一瞬、ホモのお話かと思ったことは
剛さんには、ナイショ。\(//∇//)\

下ネタか!笑

西「ダジャレが続いてますよ!」
剛「あ!そーゆーのじゃなくてね。」



剛『答え3:せんべいが 湿った!』

(全米が 泣いた、風に)
→【9点】

'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、


剛『答え4:せんべいは、海苔巻き』

剛『答え5:
せんべい海苔巻きが、湿った』


(°ε°*)フ°ッ!!

アンサーフュージョンが、滑った。


西野「お題:夜中ふと目を覚ますと
枕元に、マイケルジャクソンが
立っていた時の、顔をしてください」


剛 (寝てるふり。ふと起きて、
マイケル(カメラ)と目が合い、
「あ、どうも。」程度の軽い会釈。)

→【満点】


剛「だって僕、『J-FRIENDS』の時に
マイケルジャクソンと電話して
彼に指示受けてやってましたからね」


西野「えー!凄いなぁ!∑(゚Д゚)」


剛「ええ。
“ジャイケル・マクソン” でもなく
マイコーりょう” (YouTube)でもなく、
本物と電話したことありますから。」


( 剛くんは当時
MJに「君は歌が上手い。
僕が君に教えるから、
それをメンバーの皆に伝えてくれ 」
と言われた神話があります♩)


剛「基礎となる歌の部分を、
僕が先に入れる事になって。
1日目、待ってたら


『すみません。マイケルジャクソンが
家の中で見つかりません!』


って言われて。
次の日、ってなったんです」


西野「どんだけ 家広いねん!!笑」

剛「翌日、MJに
電話で直接指導を受けて。
言うとくけど 彼
めっちゃ 声高いですからね?」


会場「笑」

「しかも、曲の合間に、
マイケルが自分の曲でよくやる、


「♩エッ!」「♩アッ!」

とかいうの、
入れろって言われたんです。笑」


会場「笑」

剛「西の人間としてはおもろ過ぎたけど
とにかく笑いを堪えて
指示通り 頑張ったんです。



♩君と 出~会って~ エッ!」

→【7点】

会場「大爆笑」


剛「そしたら、マイケルに
『 Tsuyoshi、君は素晴らしい。
君の思うままに歌えば良い 』
って。褒められて。笑


スタッフも、びっくりしてた。
『 あの曲
People of the world translation- Michael Jackson/J-Friends (YouTube)
に、よく入れられたねー!』って。」

会場「爆笑」


剛「結果、『エッ!』入りの方は
CDには、使われなかったんですけど。

後日、事務所のパイセン達
(V6やTOKIO)が
皆、僕のレコーディングのそれを
真似して『エッ!』って歌ってた。笑」

→【満点】




西野「お題:
今までのフリップを、振り返って」


剛「♩でぃあごすてぃーに、出て来た。
♩パーマンじゃないのよぉ~。
やったねー。ムフフ。(●´∀ ` ●)」
↑ 思い出し笑いしてご満悦。


西野「・・・え?
このフリップ捨ててないの?」


↑緊張が無さ過ぎて、
スタッフとの話し声がマイクに筒抜けw

西野「歴代の小喜利のフリップ
捨てずに全部置いてあるそうです。
いつか、個展とか出来たらイイですねぇ」


会場(拍手)



西野「お題:ヘリウムを吸って、一言」


剛(本当にヘリウムガス出て来て吸う)

「答え:



無所属!

タルタルソース師匠です♡」


→【満点】
会場「爆笑」

タルタルソース師匠
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!笑



剛「ソーッスww」
(高い声で)

会場「爆笑」




西野「最後になりました。
お題:今日の小喜利を、顔で表すと?」


剛(マイケルのお題の時と同じ顔で
カメラ目線)

→【満点】


奈良時間の方、眠くなったのか
両手を猫手にして、目を擦る
o(*>△<)o


会場「(*´Д`*)(*´Д`*)(*´Д`*) ざわっ」
↑ 可愛さに、どよめく。笑



剛「小学生の時に、本気でお笑い芸人を
目指していた頃があります。

(本人の意図とは裏腹に)
家族が事務所に履歴書送っちゃったんで
二転、三転、四転、五転くらいして、

今は違う(お歌の)
マイクを握っていますが。」

会場「笑」



剛「この場は、
プロの芸人さんたちの力をお借りして
皆で笑いを共有して
本気で世界平和を願う
ピースフルな場所。

少しでも、とにかく
腹を抱えて笑うとか、
そういう時間を共有出来る、
そんな場として始めて行ったんです。

さっきも言いましたけど、
小さく切って行くから『小喜利』が
孤独の『孤』になって。笑
物作りをする時、笑いや明るい未来を
考えながらも、同時に孤独も考えている。

それぞれ
色んな生活があると思いますが
皆さんが、ピースフルになればいいなと。

夢みたいだけど、そう思ってたら
外にも拡がっていくかなって。
仲良くね、分け合って。」



あくまでも、
【笑い】と【お笑い芸人】さんを、
崇拝する気持ちから。

『堂本兄弟』
を見ていていつも思うことは
図らずも話の流れが、
ちょっと暗い方向に行ってしまったり、
誰か特定の人をディスったり笑、
そんな良からぬ雰囲気になった時に
剛くんは、いつもボケでその空気を
明るい方へ持って行っているということ。

笑いセンス・場を読む頭の回転・優しさ
そのどれかが欠落していては
成し得ないことで。
実生活の自分と比べても、
ピリピリした空気を、
人一倍早く察知はするのに
ビビって押し黙ってしまうわたすと
大違い!(/ _ ; )笑

男女ともに、私を
大笑いさせてくれる人が大好きだけど、
(どんなにイケメンでも面白くない人に興味なし)
話し下手で、
大好きな人や、落ち込んでる人を
大笑いさせてあげる能力を残念ながら
私は持ち合わせていないので、
素直に尊敬しています。
よく笑うと免疫力が勝って
病気が治ってしまう程ですから、
【笑い】より貴い事って
無いんじゃないかなと真剣に。



剛「先程、西野からも
お話が出ましたけれど。

『正直しんどい』は、
何となくフワッと始まって
皆が 大きくしてくれた番組です。

ファンの方が、“ 復活してほしい” と
呼び掛けしてくれてるのも知っています。

何らかの形でまたやれたらなと
ずっと思ってます。

“『正直しんどい』を、もう1回見たい”
と、ツイートしてくれたら
それを見た関係者が、ちょいちょい
(思いが伝わることを)
してくれるかも知れません。


実際、
『【正直しんどい】が、またやりたい。
再開するまで、辞めませんから!』
って、話してくれてる
スタッフの方も居てくれてます。」

会場「 (´;ω;`)ブワッ 」



剛「『しんどい』の最終回の打ち上げは
なぜか若槻千夏が、お前の番組か!
ってくらいに、号泣してた。」

会場「笑」


剛「終わる時に
あんなに引きずった番組は初めて。
自分でも、こんなに引きずるか、と。

この番組を、これで終わりにしたくない
という思いが強かった。
行ったら本当に(番組が永遠に)
終わってしまう気がして、
二次会に行かれへんかった。


会場「(/ _ ; )ブワッ」


剛「僕の代わりに、西野が行って
二次会の締めの挨拶をしてくれた。」


(´;ω;`) 、、、

剛くんと西野くんの繋がりって
私たちファンの想像よりずっと
奥深いものがあるのかも知れません。

◼︎ 『堂本剛のこと』
西野亮廣 Facebook
(11月1日の日記をご覧ください。
移動移動で、多忙なお仕事の合間に
“キングオブ 低高感度 2013年王者”笑
西野さんと、剛くんの 共通点について
書いてくださっています。

もう、愛しかない。。゚(゚´ω`゚)゚。 )

外見だけで揶揄されがちな剛さんを
クレバーな奴だと内面で評価して
くださる人が居ることは、嬉しいなあ。

両者とも、ぬるま湯
(既に成功しているアイドル / お笑い業)
に浸かっていることもできるのに
あえて誤解されるリスクのある世界
(ファッションや小喜利 / 絵本)
など、【自分が本当にしたい事】に
挑戦し続け
そこには必ず
【人を喜ばせる】ための【物作り】
というベースがある。そんな
剛くんと西野さんだからこそ
解り合える、何かがあるように思います。



剛「僕、なんで終わったのか、
一つ心当たりがあるんです。
『しんどい』世界遺産で、
西野と一緒に行った時
白川郷の和田屋(国指定重要文化財)
に入らず、引き返したやん?
あれがアカンかったんちゃうかな思て。」


西野「入ろう言うて入らなかったの
あなたやからねww」

会場「笑」

そう言えば、観光客なら
入って当たり前の所を
あえて入らないとか言って
引き返してたね。笑

剛「今度復活して行く時は、
必ず入りますから!
ちゃんと情報仕入れて(勉強して)
『へ~!ここが、
あの和田屋さんですか~!』
って、ロケやりますから。」


↑げんをかつぐ剛さん。笑


剛「だから『しんどい』復活したら、
梶原くんに来てもらって・・」

西野「何でや!俺を呼べ(≧∇≦)笑」



【 正直しんどい 復活願い 】
念力~ (^人^)

実際、「あの番組、夜中に
あのゆるさが良かったのよね~」
と、
(特に剛くんファンという訳ではないけど)
夜型の友達たちに、いまだに
そう言ってもらえるんですよね。
関西から先に終わった時は
本当に残念やったし
ほんまに復活して欲しいなぁ。

剛「あかん、
『しんどい』の話になってしもた。
でも、フワッと始まった感じが、
『しんどい』と『小喜利』は似てるんですよね。」



◼︎ つよっしーからお知らせ

(スケッチブックを捲ろうとするが、
指が無いので捲れないww
四苦八苦してようやく捲る)

『 祝
今日が本当に
24回目 』


会場 「おおー!*\(^o^)/*」(拍手)

剛「記念すべき日に
ヒートテックでやりやがって。」

西野「笑」


しかも、なんと

24満点 / 39お題 !!

剛「今日、24回目で、満点が24回!
すごいねー、いいねー*\(^o^)/*」


西野「満点に満たない回答を
幾つも足して満点にするという
フュージョンな技で点数稼いだ結果が、
24回でしたけどねー!」


剛「うふふ。
やっぱり、
親しい人が居ると喋りすぎるね♩
しかし、今日はよく笑ったな~!
さ、じゃあ、皆さん。終わったら

migitede_popoissa@~

tarutarusosu_shisho@~

free-67@~

アドレスの取り合いしてくださいね。
うちのジャーマネは
ロックかかってますんで。」


会場「笑」



仲良しの西野くんと楽しそうで。
剛くんの 手をグーにして
口に当てて笑う
ふぐふぐ笑いを沢山見れて、
ピースフルでした♩
『ta・ca・ta』のくだりなんて、
帽子被ってたら間違いなく
後ろの席に落ちてた
ってくらい笑わせてもらったからね!

最後は、一本締で!

剛「皆さんの
これからの輝かしい未来と、
僕と、西野と、皆さんの
夢が叶うことを願って。

お手を拝借。」

剛「よーっ!パン!!」

会場(手を打つ)

剛(つよっしーと同じ、両手を広げて
右足上げる決めポーズ。)


幕が閉まり切るまで
片足立ちしてくれていました。

会場「笑」(拍手&手を振る)





(写真は 新歌舞伎座。
ついに、つよし着さされたんか。笑

この東京公演の
TVのワイドショーの取材の日も、
天声さんは西野さんでしたよ。
やはり、1番リラックスして、
やり易いんじゃないかな?)


= 終演 =

⑥ 11公演 まとめへ続く

長ッ!!



関連記事
Tanks access
my dining chair
my dining light
my roomba ♡
HAY hand torso
diem
MOYO
art poster
MY PET GATE
DOG STEP
MY DOG TOILET
my lovely dog’s Anniversary
*script by KT*
my ROOM
DahliaのROOM
楽天トラベル
楽天カード
楽天オークション
楽天デリバリー
楽天ブックス
black and white 1
モノクロ収納
black and white 2
interior
read to the end '17
2017年 読了本
read to the end '16
2016年 読了本
read to the end '15
2015年 読了本
read to the end '14
2014年 読了本
read to the end '13
2013年 読了本
read to the end '12
2012年 読了本
read to the end '11
2011年 読了本
read to the end '10
2010年 読了本
read to the end '09
2009年 読了本
read to the end ~'08
2008年までの 読了本
toto big