KinKi Kids Concert L 2013-2014 京セラドーム 12/23 ② ~ (●△●)人(=∀=)~



感動的な演出のあった、
キャンドル色のペンライト。
2日目は沢山取れた銀テープ(´ ω` )…♪*



(2日間とも離れた場所にまた別の友人2人がそれぞれのお友達と観に来ていたので
取れなかったお席の友人にお分けできました)
こんなにたっぷり飛ばそうと思ったら、
あのおでこへの破壊力に納得デス (o´罒`o)




= MC 続き=


光「剛くんが、こんなにF1の話を
聞いてくれるようになったなんて!
前は興味無かったでしょ?
映画の吹き替えしたから?(゚∀゚)♩」

剛「まあ、、」
光「興味もってくれたんじゃないのぉ♩」
↑長年、夫の趣味を煙たがっていた嫁に
やっと関心をもってもらえた感じで
嬉しそう。
剛「ちょっと、もちましたけど、、」


光「映画『RUSH』公開は2月ですが。
声優の仕事は、あまり
僕たち本人を 感じて欲しくないですね」

剛「それはありますね」
光「『あ!これ剛くーん♩』、
『これ光一くーん♩』とか
YOU 達は、そうやって見るのかな?」


「勿論やないか!
むしろ吹替え版じゃないと
全く意味が無いですから!
(°Д°)クワ

↑友人1が、後日 大雪降る神戸の
映画館にて、係りの方の
「吹替え版ですが、宜しいですか?」
の確認に対して実際に出た、心の声。

光「難しいけど、俺たちを感じないで
観て欲しいねん。
感じさせたら 負けやと思うから」

↑いつも、仕事に真面目!
ごめんね、剛くんは、声が良過ぎて
若々しくて高い声が特徴あり過ぎて、
・・・剛を感じたわ。(o´罒`o)笑
(『世界ふしぎ発見』のナレーション凄く良かったから、ナレーション向きかも♡)
光一くんは、溶け込んでたよ!笑

剛「レーシングスーツと、
ヘルメット姿で、観に来てください」

会場「爆笑」

この時はただ面白くて笑ってたけど
実際それ位の臨場感でしたね。笑

剛「君、昔 声やってたじゃない?
『セーラムーン』」

光「『セーラムーン』w 違いますから!
『タキシード仮面』なら・・笑」


剛「『かぼちゃワイン』やってたね!」

光「違う!笑」
私達「また!」(かぼちゃワイン)

剛「『獣王星』?」
2006年 小栗旬くんらと共に
光一さんが初めてのアフレコと主題歌を
担当した、SF少女漫画のTVアニメ

光「お、普通に来た!笑
そうそう(´ ω` )…♪*」

剛「僕その後、
『柔軟剤』ってのやりまして」

光「ははは!柔らかくなった?('∀'*)」
剛「柔らかくなり過ぎて、お蔵入り」
出た!つよファーファ

剛「映画の吹き替えは
『マラネロ
につければ!』の台詞が
言いにくかったですねー」

マラネロ:イタリアを代表する
自動車メーカーの一つで
フェラーリの本拠地。)

光「言えなかったんだ?
僕はほら、(F1好きだから)
元々知ってた 言葉だったからさ」

剛「マラネロに、やで!
まーらーねーろーに
つーけーれーばー!

途中から、マロニー出て来て」

光「マロニーちゃん?(。´ᆺ`。)笑」
剛「そう、マロニーちゃん。
マラネロニ、、、
ゲツヨウビニ マラネロニ ツケレバ!
(カタコトで)」


光「俺は、“ フィオラノ ”
ピスタ・ディ・フィオラノ
フェラーリのF1マシンとGTカー、
およびマセラティのテストに使用される
イタリア フェラーリ社のテストコース)

言い難かったわ」
剛「かなり言い難い言葉を
何とか言えたら、安心して
その後の台詞が、通り過ぎちゃったり」

光「あー!それあるね!

あ!“うふん、あはん” シーンは
僕のアドリブですよ!」

剛「ふぇ!!凄ぉーいねー!」
光「笑」

光「セクシーシーンは、
相談しながらやりました。監督とね」

剛「え、監督と?!(◎_◎;)」

会場「笑」
光「違う!俺は、男に興味ない ww笑」
剛「ちょw それやったら
“ 俺は ” あるみたいやないかい!」

会場「笑」
剛「言葉!気を付けて?」
会場「笑」


光「昨日はハプニングもありまして」
会場「(○´艸`)クスクス」
剛「今日は、どよめきましたもんね。
結局、俺が写真3枚って。
あんな赤ちゃんやったけど・・・
はぁ。あなた もう
35才に、なっちゃいますねー(´・Д・)

光「言うてもあなた、
そんな 俺と年変わらないでしょ!?笑」

剛「4ヶ月違うッ!( ー̀дー́ )
はぁ~。相方年食ったなぁ、、(ヽ'ω`)
はぁ~。って、ナイーブになりますから。
ケア大事!」


剛さん。私も5ヶ月早く生まれただけで
学年が違う友人1に、いつも言われます。
「ダリちゃん!あなた年下ぶってるけど
あんまり変わらんねんからね!」って。
でもため口をきくと、「パイセンやで!」
(矢野・兵頭風に)って(*`艸´)笑



大丈夫!こんな可愛い2人
35才には見えないよう♡
(↑イタくてすみませんw)


光「四捨五入したら、40才ですよ」
会場( ザワッ )
光「でも男は、40からって言うじゃない?」
剛「マッチさんとか
昨日お年聞いて、びっくりしたわぁ!」

光「もともと、レースしてたから
ストイックなのかも?」


剛「レーサーはあれですか、
あるんですか?
こういうの食べたらダメとか」

光「トップカテゴリーの人になると
赤い肉は食べないとか言いますね。」

剛「じゃあ、何食べるの?」
光「鶏肉は食べるんじゃない?
ササミとか」

剛「ぴんくだからぁ?(●△●)」
会場( (❛ω❛)? ザワッ )
光「ピンク・・?笑
(否定しないで、甘い声で)
鶏肉って、茹でたら
白っぽいじゃない?(∗ ˊωˋ ∗)」

剛「豚は食べない?
豚もピンクっぽいもんなぁ?(●△●)」

光「どやろ?食べるんじゃない?
牛は食べないってことじゃないのかなー?(´◡`●)」


ちょwww
何この可愛いやり取り ( ´Д`)~♡
ほんまに34才?笑
お肉がぴんくとか!B型的にはもう
豚のくだりとかとっくに
どうでも良くなってるはずなのに
(B型に対する偏見)
可愛い子供を優しく諭すみたいに
満面の笑みで答えてるとか!
この広い空間で、小っさい2人が笑
何を、チマチマと!
ンもう!
ずっとやってなさいよーー!
(●´Д`)σ)Д`) ww❤︎❤︎


剛「今後 演るとしたら、何がいい?
光「コメディかなぁ。俺、
もーっと、大げさに出来るよ?('∀`)♩」

剛「じゃあ来年 演りましょうよ。
俺、ラブロマンス」

光「そういうシーンも?」

剛「・・・あ、だめよ ♡」

(つよ姉、再び)

会場「爆笑」

光「ははは! そっちぃ~?(´∀`)笑
あなた、その格好でやると、
ホンマに “そっち” かと思われるで」


(言われてみれば、剛さんは
ファンには見慣れて
もはや、どってことなかった
ピンクと黒のジャケットにタイダイT
黒のスパッツに
違うタイダイ柄のスカート。
まとめると
志茂田景樹さん風 衣装ww)

剛「あ、そうか、そうか。笑
これな、下、スパッツで
上だけ、衣装着てる時

かなり キてるで。(。-∀-)♪ 笑
会場「爆笑」


光「これから歌う
映画のイメージソングですが。
歌ってる時は、僕たちを見ずに
映像を見てて下さいね」


剛「めっちゃ変な顔して
歌ってますから!」

会場「笑」

光「ははは!そぉんなん言うたら
もっと見たぁーなるやん(●´∀ ` ●)♩
でも、本当に映像と曲がマッチしてて・・」

剛「マッチ!? !(◎_◎;)
呼び捨てはマズいぞ!」


光「ひゃひゃ!(≧∇≦)」

剛「先輩にそれは、マズいぞ!」
光「おもろいわぁ~!!(●´∀ ` ●)」
会場「笑」

光「お前、たまにあんねんなぁ、
そういうおもろいツボ!
・・マッチして・・ははは!♪( ´▽`)」

剛「だから、マズいぞ!マッチは!」

光「うひゃひゃ!!!(≧∇≦)
えー、映像とマッチして~♩」

剛「・・・( ̄_ ̄)」

光「あれ?もう言わへんのや?
(*´ㅂ`*)♩」

剛「だって、話進まへんやんけ!( ー̀дー́ ) 」
会場「笑」

苦手な雑誌の撮影では作り笑顔が出来ず
かなりのカメラマン泣かせなのに
大好きな剛くんにだけ見せる、
光ちゃんの極上のニコニコさん(´ε`♡)
光一さんの ツンデレ とはもはや、
ツン(ファンに)+ デレ(剛に)
の、ことですからー!(°ε°*)フ°ッ!! ←違



= encore =

光「えー俺たちが・・俺たちが・・」
前に進み、2人並んで

(●△●)(=∀=) < KinKi Kidsでしたー!

うぉいッ!ヾ(*`Д´*)ノ
今、光ちゃん、剛くんの手を
握りたかったんじゃないのか!?
照れ屋で自分からはいけないんだから、
そこは嫁からリードして
握ってあげてくれよおおおぉッ!←

ハケたのに
また、鳴り止まぬ KinKi コール。


= W encore =

剛「何ぃ?」(言いながら、出て来る)
会場「\ ドッ /
キャー♡
\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››」


光「我儘な、娘じゃのぉッ!
( *`ω´) 」

会場「 \ ドッ / 」
何のキャラ?笑

光「追加料金、取りますよ!
( *`ω´) ←真顔」

会場「えー!笑」

剛「要りません、要りません!笑
・・・あ!

愛の追加料金は、要りますけど」
会場「キャー♡笑」
光「うぉっふーヽ('∀'*)ノ♩笑」
(仰け反って)
会場「笑」


光「何でしょうね、
辛い事が、早く終わればいいのに」

剛「楽しい事はね、あっという間で」
KinKi 「ほんとに・・。(しみじみ)」
会場「拍手」

剛「給食でひじき出た時みたいなね」
光「ひじき、あかんかったん?
今は、大丈夫やろ?」

↑出会ってからのお前の事は
全て知ってる的会話 ☆*:.。. (≧▽≦)

剛「今は好き嫌い、なんもない」
光「パクチーも?」
剛「はい」
光「変 態 や な!ど変態!!(大声で)
いやいや、あかんわぁ、
あれは、食べなくても生きていけるッ!」

剛「パクチー作ってる人に失礼や!」
会場「笑」

剛「将来 結婚して、奥さんに
『あなたパクチーくらい食べなさい?』
って、言われたら?」

光「『要らん!お前が食え!( *`ω´)』
言います」

剛「ヒドいですね。笑」

光「でもその後で、

『 バブー♥︎♥︎♥︎ |( ̄3 ̄)| 』

って、やりますけどね」


会場「 !(°Д°)(°Д°)(°Д°)(°Д°)(°Д°)」

っえーーーー!笑


剛「・・・ごめん、
ちょっとだけ、気持ち悪かったわww」

会場「爆笑」

光「うん、自分でも言いながら
気持ち悪い、思た。笑
お詫び申し上げます、はい。

(;(;(//̀Д/́/););) 」


会場「爆笑」


光「さあ! 見納めですよ!( *`ω´)
目に焼き付けて家に帰って、

煮るなり焼くなり、好きにして下さい!

会場「キャー♡ 笑」
剛「んふふ (*´艸`*)」

光「あ!ねぇ、
今日は、豆知識ないの?♪( ´▽`)」

↑気に入ったん?笑

剛「豆知識ぃ?
ミヤネさんは、派手です」

光「ははは!それ豆知識?情報やな!」
剛「『情報ライブ・つよしや』!」
光「ははは!」

(*22日最後 規制退場前にあった
剛さん豆知識は→ 奈良の大仏さん


光「『やめないでピュア』の時
笑ってたでしょ?」

剛「え?」
光「松崎がこんなポーズしてんの!
(どや顔で、モデル立ち)」

会場「笑」
剛「百貨店の マネキンみたい。笑」
光「昨日は、そのまま開脚してたって。
辰巳が、面白がってた(◦´∀ ` ◦)」

剛「えー、東京公演で観よう~♩」

光「(ファンの皆の)ペンライト
凄いね。よく合わせてるねー!
4Uの真似したり、してたんでしょう?」

今回 Goodsの “L”型 ペンライトは、
KinKi 2人のテーマカラー、赤、青
そして、“キャンドル色” の3色が
任意で点灯可能になっており。
それまで、自分のファンの方の
テーマカラーだったり、好きな色を
各々点けていたのですが。
『Candle Night』の曲中、
「青」を点けた4UがスクリーンにUPになると
打ち合わせもしないのに
それを察した会場全体が「青色」に。
曲が進むにつれ、「赤色」→「キャンドル色」と、4Uのライトと共に色が移動していって。

色々な色が混じっていても
5万5千個のそれは、まるで
宝石を散りばめたみたいに圧巻で
毎年、とても綺麗なのですが。
今年は、ステージ上の演者も含め
会場全体が同じ色に染まり、客席自体が
とても幻想的なセットとなったのでした。
(早く映像化してください(屮゚Д゚)屮'`ァ '`ァ)


会場「拍手」
剛「いいねー、君たち。
その大切な気持ちを・・・
忘れないで欲しいッ」(寸劇)

光「綺麗だった。
全部真似して欲しいね!
完コピで。
・・・松崎の動きも。」

剛「完コピでお願いしますよ」
会場「笑」


光「やっぱりあれですね!KinKi の曲は
良い曲が多いですね」

会場(拍手)
光「今回LIVEではやらなかった曲も
(ALBUMの中には)あって」

会場「えー!やって♡」「やってー♡」
光「家帰って、
CDかければ、すぐ聴けるよ?(o´罒`o) 」

剛「リアルに追加料金発生しますよ、
そこは」

会場「笑」
光「やりたいんだけどねー
全然リハしてないの。笑」

剛「ってゆうか、
(2年前位に収録したから)
レコーディング以来で本当に歌覚えてない」

会場「笑」
光「またの機会に、ね♡」


光「さあ!焼き付けて下さーい!
俺が『ありがとう!』と言ったら
全てが終わるよー!ψ(`∇´)ψ

会場「えー!。゚(゚´Д`゚)゚。。 寂」

光「俺、悪者 ψ(`∇´)♩」
会場「笑」

光「言うなよー!
『あのハゲ!』
って、言うなよー!


・・誰がハゲや! (`ω´ )


会場「笑」

剛「言うてないです。誰も言うてない。


(明後日の方向いて)


・・うっさい、ハゲぇ!(ボソッ)」

会場「爆笑」


光「!!!∑(゚Д゚)


o(゚д゚o≡o゚д゚)o きょろきょろ」


会場「爆笑」

剛「・・・何か、聞こえましたね」
光「聞こえましたねww」
会場「笑」

剛「ま、
すぐ会えるようにしますよ、ね?」

会場(拍手)

光「じゃ、ほんとに

言うよー?言うよー?・・・」

(焦らしてるのか、惜しんでるのか、
なかなか言わない)
剛「ありがとうございましたぁッ!」
↑合いの手

光「あはー!
ナイスフォロー、ナイス!(=∀=*)」

剛「んふふ(*●△●)」

光「34才の俺、バイバイ!ヾ(*´∀`*)ノ」

剛「ありがとうございましたぁ!

またねぇ~ ⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ ♡」
(関西弁で)

会場「またねぇ~(*´ェ`)ノ♡♡」(関西弁で)



= 今日の落胆 =

友人1「2人とも、1回も
こっち見てくれへんかったな!(`^´o)=3」

友人2「ホンマやわぁヾ(*`Д´*)ノ
こんな、ど正面の席で、
何回も目の前に来たのに!。゚(゚´ω`゚)゚。」

ダリ「せっかく、味噌汁の底に沈んだ
シジミのような目を
無理矢理 大きくして来たのに!(°Д°)クワ」


↑それでも、素っぴんの剛くんに
敵わない 残念なシジミちゃんww

一回だけ、光ちゃんが、私達の下方に
プライベート的なハニカミ笑顔を
向けていたのですが!
全体が見渡せるど正面だけに、ご家族?
関係者?ジャニーさんかも知れないね!
と言いながら、退場しました。
(1番のお気に入りである
KinKi KidsのLIVEは
必ず観に来られるらしいので)


今日も丸々1時間、喋り倒して
大笑いさせてくれた、最高の2人。
勿論、残りの2時間は、近年稀にみる
最高のセットリストで
たっぷりの、お歌と踊りで
キュンキュンさせてくれました♡
(2人の名誉のために。このレポじゃ
そのキラキラした所が 皆無かつ
お笑いコンビの漫談みたいな
誤解を与えかねないのでww)

今回の剛くんのソロアルバムも
京都の花結い師さん(HP
による剛さんらしい、和を取り入れた
センスの良い、芸術的なジャケットと
豪華過ぎるミュージシャン達とのセッションで
アイドルと一括りに出来ない境地に
とうに到達していて。
光一さんのライフスタイルとも呼べる
命を削るミュージカルも、現在ますます絶賛好演中で。
ソロ活動も、もはや片手間にやってるLevelとは全く言えず
最高にシビれるけど。

ホームはやっぱりKinKi Kidsなんです。
KinKi Kidsの 2人にしか生まれない
絶対的な 空気間があるから。
お2人が、心から楽しそうで、豚っ鼻や
仰向けになって大笑いしてると
こちらの方が
凄く幸せな気持ちにさせてもらえるのです。
ありがとう。(●´◡`●)




パイセン∑(゚Д゚)
今日もご一緒だったのね。笑
宮根さんは
スポット当たって紹介されたのに
パイセン、安定の放置プレイwww
ガーサスやでしかし!(°ε°*)フ°ッ!!




コラージュみたいな
可愛いコンサートパンフ♡

いつもファンにとって、とても嬉しい
言葉を伝えてくれる努力を怠らない
剛くんの文章に、
感涙
。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚ウァァァン
ありがとう♡♡

電飾にグルグル巻きのこーさんは
突っ込み待ちですか?笑
裸でやれば、もっと良かったと思うよ!←



YouTube

森とした事が•••ココロのはなしの話。
(エネルギー オフィシャルブログ
「踊る飛行機投げ(仮)」Ameba)

Tanks access
my dining chair
my dining light
my roomba ♡
HAY hand torso
diem
MOYO
art poster
MY PET GATE
DOG STEP
MY DOG TOILET
black and white 1
モノクロ収納
black and white 2
interior
read to the end '17
2017年 読了本
read to the end '16
2016年 読了本
read to the end '15
2015年 読了本
read to the end '14
2014年 読了本
read to the end '13
2013年 読了本
read to the end '12
2012年 読了本
read to the end '11
2011年 読了本
read to the end '10
2010年 読了本
read to the end '09
2009年 読了本
read to the end ~'08
2008年までの 読了本
楽天トラベル
楽天オークション
楽天デリバリー
楽天カード
楽天ブックス
toto big
my lovely dog’s Anniversary