--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/02/27

KinKi Kids Concert L 2013-2014 京セラドーム 12/23 ① ~マッチさん・4Uとシースー~



阪神電車ドーム前駅を出てすぐ
京セラドーム直結のこんなに真隣りに
イオンさんが出来て、5万5千人~の
食事とおトイレと休憩が多少は
分散されるようになりましたよ!笑




それでもまだどこも満席で足りない位で、もう少し遅くまで開いててくれると尚嬉しいですが、本気の飲み屋さん位しか本当に何もない駅だったので、ありがたい♩
イオンの本屋さんにはKinKi Kids 特設コーナーと銘打って今まで載った書籍が並べられる配慮が。(ベッキーちゃんも当時買った、光一さんがブーメランパンツでポーズさせられてる『ゲットザキンキ』写真集も、、 (`L_` )ククク)


昨日は、吉田健さんのお尻を
ずっと観てるお席でしたが笑
この日は、友達が当ててくれたお陰で
KinKi を常にど正面で観られるお席!

着席して。

ダリ「きゃあ♡(>◡<)♡ ヤッバー!
めっちゃ近いやんッ!!
目が合っちゃうかもね ♪ヾ(*´∀`*)ノ」


と、隣を見たら。

友人1&2
「・・・・!!(O_O) 」

さっきお化粧直ししたばかりなのに
速攻、無言で、更に厚化粧し出す2人。
MACのギラギラ光るグロス塗りまくり!
SHOCK ネ申 席以来の、
“舞台上の誰よりも舞台メイク” 再び!笑

ダリ「 切り替え、早ッΣ(゚д゚ )」

友人1「ダリちゃん!
その大きなスワロのブローチ、
逆っ側に付けたら?その方が
ペンライトで、物凄い光って
あっちから見て目立つかも知れんッ!」

友人2「ダリちゃん、今日
ノースリーブやから、
目立つかも知れへん!ナイス!」
(実はカイロまで貼ってたら、
暖房が苦手な私はドームが気分が悪くなる程暑くて。ワンピの下のカイロが外せなくて。仕方なく脱いだ。
重く分厚いお衣装と、照明の下でダンスのKinKi ちゃんは、汗だくで2日間頑張ってくれて、心配になりました)

友人1「うん!
3人の内、誰か1人でも目立って
ついこっちを見たら
その隣に居るこちらも観てくれるかもッ
!!!(◎_◎;)←真剣」

ダリ「・・・え、あ、うん!
さっき、2人に
付けまつ毛してもらって、よかった!笑
ありがとう! (*´罒`*)」


あはははは!!
間違いなく、この3人がまさに、

= 今日の必死 =

気迫がゴイスーwww




= 開演 =

『WELCOME』で、
“ koichi ” として、髪の毛少なめ
お目めつぶらめの
正真正銘 “ 光一 ” 写真が
無事に、流れる。

感動的な曲と、演出なのに

会場「 直ってる!(ザワッザワッ )
→ (○´艸`)クスクス 」




= MC =


光「どうもKinKi Kidsです!
以後、お見知り置きを! m(_ _)m」

剛「お願いします! m(_ _)m」

光「昨日は初日ということでね、
色んなハプニングありましたけどね。
今日はここまで完璧だと思います」


会場「笑」

光「今日は4時開演ということで。
・・・早ぇ~な!(=∀=)」

剛「そうですね~」
光「早くない?4時開演て。」
会場「早い~!」
光「もうちょっと遅い方が
いいんじゃねぇか?って人ー?」

会場「は~い!」
剛「じゃあ!そうしましょう!」
会場「笑」


光「今日は、サンタコス少ないね」
剛「ちらちら、居ますよね?」
光「まさにサンタそのもの!」
サンタ達「♪ヾ(*´∀`*)ノ」
光「体型的にも、
サンタそのもの!o(`ω´ )o」

会場「えー!笑」
↑ 私の学びによると、これも、わざわざ
コスプレして来てくれたファンに対する
感謝の声がけ?笑

剛「こーいちぃ! ༾(-᷄ ㅁ -᷅)」
光「はい (=ω= ) 」
剛「お前、言うてたやないか。
『俺、実はぽっちゃりの方が好きやねん』
て、さっき楽屋で言うてたやないかい!」

↑ 嫁、必死のフォロー
光「ひゃはは! (*´罒`*)」


光「(スタンド席の後ろ、両端を見て)普段はあそこまではお客さん入らないんですけどね」
その席の会場「キャー!」(手を振る)
光「大丈夫ですよ。見えてませんから」
剛「光一さん!見えてるでしょ!」
光「いや、見えないでしょ!笑」
マジでさすがに見えないと思いますwww笑


剛「楽屋でお前、言うてたやんけ。
『俺、本当は心の中では見えてるねん。
俺あいつらのこと全部見えてる。
解るか~剛』って
ブランデー飲みながら、言うてたやん!」

光「ブランデー自体、飲みませんし


光「ねぇ、何のフォロー?」
剛「こうでもして行かへんかったら、
お前がただのチンピラで終わってしまうやないか」

光「どうもありがとうございますw」


光「実は見えてるんですよ子供だけは。
あっはっは!」

剛「都合の良い視力ですね」
光「SO! YAH! YAH!」
剛「別にこれ、シラフですよー」
光「YAH! YAH! YES YES !」


光「見えてます、透けて見えてます!」
剛「透けて?それ何かの能力ですね」
光「骨まで見えてる。
今回のジャケットが骨だけに!(※ 過去記事
(上手いこと言った的に)
あ!あれ、僕たち本人の骨と思ってるでしょ?
違いますからね~」

会場「へ~!」
剛「誰の骨なんでしょうね」
会場「笑」


光「まだアルバム聴いてない人ー?」
会場「はーい!」
光「なんだチミは!(=ω= ) 」
剛「志村さんww」
光「何で聴いてないの?買っただけ?」
剛「買ったのに聴いてない!もうそれは
ドSかドMの、どっちかでしょうね。」


光「今回はね、アルバムを中心にして・・・」
剛「英語でセンターと言いますね」
光「それ違うやん」
剛「チュウシン」
光「中国語っぽく?笑」
剛「そう。チュウ・シン w」


光「今日は男の方もね、多いですね」

会場の男性

「 \こーいちいぃぃぃぃッ!!/ 」

(野太い声で)


会場「爆笑」

この日は、珍しく男子ファンさんの
「こういちー!」コールが沢山。
剛くんの歌・音楽・ファッションに
憧れる男子ファンの方は、見た目から
すぐに、それと分かるのですが

また、そのストイックな仕事ぶりから
事務所の後輩くん達に
尊敬する先輩は?という質問では
1番という程、多くの名前が上がる
光一さんではありますが、、

圧倒的に 女子受けする、
もはや、2・5次元のヴィジュアルの
美形男子への、
一般人男子からのコールに。
一体、、どういう気持ちからなの!?
と、ハラハラするわ。
(美しい男性同士にだけ許される
BL漫画を地で行く事も可能な
光さんなだけにww笑)

でもね。イオンのマクドで
ほぼ女性客に混じり
男の子2人で、KinKi について熱く語る姿
何組も見かけて、憧れてるんだなーって
何だか可愛かったです。(*´艸`*)

剛「笑。君、何才?16才?あのね、
ああいう、大人になったらダメやよ?」

光「お母さん、おいくつ?」
お母様「\(何か言う)/」
剛「・・・笑。
8才だそうです。笑」


光「 Σ(=ω= ;) 」
剛「こら!顔!」

光「・・・ (=ω= ;) 」
↑しかめっ面で
スクリーンにどアップ
剛「顔!」
会場「爆笑」


光「今日は会場に宮根さんが来られてます」
会場「ワー!(*´∀`*)」

剛「(人見知りの)光一が
あんまり(目を合わせて)挨拶しない
宮根さん。
『ミヤネ屋』終わりで、
速攻駆け付けてくださってます」

光「宮根さん、どこに居ますかー?」

ピンスポが探して 私達の左手、
スタンド下段前列の
宮根さんを、ライトアップ。
宮根さん「ヽ('∀'*)ノ」(両手を振る)
会場「ワー!」(拍手)

剛「最近どうです? 光一の挨拶」
宮根さん「今年2回、(挨拶)◎ 」
↑ジェスチャーで。

光「宮根さん、
梅芸(SHOCK)にも来てくださって」

宮根「(挨拶)× 」
光「嘘やー!笑」
剛「また宮根さん、派手な
赤(のダウンジャケット?)でw」


剛「僕の時(小喜利)も、
『僕、地味で行くからね』言いながら
宮根さん、オレンジでしたから。
オレンジ色のジャージ。」

会場「笑」

剛「いつもお花、ありがとうございます。
京セラに入り切らなくて、ちょっと
新大阪の駅に置いてあるんですけども」

光「笑」


光「昨日終わって
お寿司行ったんですよ」

会場「へー!」
剛「頬張ったねー、マッチさんと」

会場「へー!」
*マッチはこの時期恒例大阪ディナーショー
剛「僕、マッチさん、光一、って座って」
光「センター、マッチさんでね」
剛「チュウ・シン!」
光「笑」


剛「そうや!昨日お寿司屋さんで
ドツいたろか!思たことあってん!」

光「えー?」
剛「お前、タイヤが、あーでこーでって
40分以上も!!( `)3')
俺はその間、何をしてたら良かったの!
お前、そーゆー所が、モテへんの!」

光「ちゃうよ~。笑」
剛「一速が、こーだの、何だの、って。
・・・知らんわッ!


アンタだけの
マッチじゃないんだからね!」


(つよ姉)

光「'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、」


光「でも君も、
F1の話し振ったりしてたやん?」

剛「2~3秒で違う話しになったやん。
で、『ぶぅーんぶぅーん』
(エンジン音)て。
え!?マッチさん
何を言うてはるんですか?と」

光「ふははははは!」

おつよしちゃん。
光ちゃんをマッチに取られて
寂しかったんだねい!♡笑

(;●△●)
(マッチ)車 (=∀=)


光「昨日のお食事は、4Uも一緒で。
もんの凄い、緊張してた!」

そりゃあ、伝説の男マッチは
Jrには雲の上の人
今では東山さんと共に会社役員ですからね
(このまま普通に年を重ねたら、
事務所の系統を色濃く受け継ぐ
光一さんが、将来 役員の第一候補だと
ワタクシ確信しておりますよ!)

剛「俺たちに対する接し方と
全然違ったな!
ちょっと、4U 出て来いッ!」

光「一応、俺らも先輩やねんで?」
剛「何でやねん!会議しよ」

4U「お疲れさまです!
ふぉーゆーです!」(低姿勢で)

会場「キャー!」
↑4U目当てのファンの方も
年々増えている印象♩

4U「やっべ!!
KinKiさん、超 緊張する!
やっべ!!」
(白々しく)

KinKi「笑」

光「翼にも、緊張するって言うの」
剛「別にいーねんけどぉ」
4U「 ´д` ;
京セラのお客さんの視線が突き刺さる!
今までで初めて、今ヤダと思いましたもん!」
会場「笑」
光「ま、楽しいからいいんだけどねー♩」

光「そうそう、マッチさん
シャリ食べないのね、」


近藤真彦 49才。
あの豊かな髪の毛量とスリム体型は
こういう自己管理
(高タンパク・低炭水化物)
から来てるのね!きっと!!(尊敬♥︎)

光「でもマッチさんが
4Uは(若いしダンスするから)
一杯食べるだろうからって、
大将に 沢山握ってもらって。

そしたら、俺らとマッチさんに
全然 お寿司来ないの。」

光「で、4Uが
『えっ!食べて良いんですか?』
とか、聞いてくるわけ。
マッチさんが
『良いよ良いよー!』って。
そしたら、
剛が、『まあ、本当に良いと思ってるか
どうかは・・?( ̄▽ ̄) 』
って。笑」


4U「ほんと緊張してて!
それ聞いて、二口噛んで、
そこで止まりましたもん!(◎_◎;) 」
こっしーインティライミ
「本当に戻そうか、迷いました!(◎_◎;)」

剛「んふふ。それはさぁ、フリやん?
そこで君たちがおもろい事を返せたら、
マッチさんの中で、あいつら面白いな!って
印象に残るかなって。」

↑優しさ
光「でも、マッチさん。
“4U” って、皆、
名前に “U” (ゆう)が入ってるの
知っててくれたんだよね♩」

福田くん「あのマッチさんが!?」

剛「え!?どのマッチさん?」
辰巳くん「例のマッチさんが!」

光「辰巳、しつこいから
後でサンチェに怒られるで」


辰巳くん「やばい!
もう、服まで青ざめてきました」

↑元々、彼だけ青い衣装

会場「爆笑」

剛「お前の失態で、先輩 真っ青やぞ」

4U「光一くん!∑(゚Д゚)」
(光一さんも、元々青い衣装で、ニヤニヤ)

会場「爆笑」


マッチ「今、鯛 食べた?」
福田くん「鯛 食べました!」
マッチ「俺、鯛が1番好きなんだよ」
福田くん「∑(゚Д゚)
イカ食べました!イカ!(◎_◎;)」


光「松崎は、マッチさんに
『君は、昭和のハンサムだね』って、
言われてたんだよね。笑 」

松崎くん「はい、ハンサムです」
剛「笑」


【解説】“ 松崎くんのお顔立ちは、
若い頃の、舟木一夫さん系統 ”
と、ファンの方の、お母様世代の方が
言っているとの噂で、舟木一夫さんを
スパパーンと、検索してみました。





( `)3')▃▃▃▅▆▇▉ブブブーブ
ソックリやないか!!

松崎くん、ごめんね、
こっしーインティライミ(越岡くん)
よりむしろ
めっちゃ似てるがな wwww


光「松崎すげーんだぜ。
東山さんに

『ヘイ!ブラザー!( ´ ▽ ` )ノ』
って!」

剛「Σ(゚д゚lll)(膝から崩れ座り込む)
いや、びっくりし過ぎて
膝、破壊されたわ!(◎_◎;)」


松崎くん「いや!
僕も、もういっぱいいっぱいで(;_;)」

辰巳くん「それで、東山さんには、
『お前はパクチーみたいだな』
て。
クセがあるねって、言われてました」
剛「ああ、いい雰囲気でのね」

松崎くん「続きは」
光「え?何て?」
松崎くん「続きはWebで」
光「・・で?」
↑オチを期待するパイセン

松崎くん「問い詰めないでくださいよぉ」
4U「後で謝りに行きますから!」
光「いいよ、めんどくせー!笑」


4Uハケる。

4人のゆうくんは、最近
KinKi さんや光一さんの後ろで、
(大真面目な顔して (°ε°*)フ°ッ!! )
踊ってるので、
ふぉーゆー のことも
以降、お見知り置きを! m(_ _)m 笑



に続く


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。