--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/02/23

映画「RUSH /プライドと友情」PG-12 ←



話は、一先ず2月現在に戻りまして。
大阪ステーションシネマにて鑑賞したのでご紹介を。
(といっても実話なのでWikipediaを読めばストーリーは一目瞭然なのですが
少しのネタバレもお嫌な方は
以下読み進めないでくださいね)








70%の血を入れ替え、数日間生死を彷徨い、顔面を皮膚移植した程の
1976年ドイツGP事故での大火傷の怪我から、驚異のスピードで復帰した、実在の人物 ニキ・ラウダ(Wikipedia)と

F3時代からのライバルであり、その端正なルックスで毎日多くの女達と関係を持ったモテ男、ジェームス・ハント(Wikipedia

性格、容姿、車に対する向き合い方。
全てが異なりながら、常に1位と2位の争いを繰り広げた、永遠のライバルである
F1チャンピオン、2人の自伝的実話です。


===


関東在住の友人が観に行った日
(もちろん、吹き替えver.)は
KinKi Kidsのファンというより
F1黄金期に、熱烈なファンだった世代であろう、おじさま達が
沢山来られていたそう。

15日以降は、映画がお昼間しか上映しておらず、しかも吹き替えは朝1の9時半~の部のみ。加えて、前日の私は夜更かしして睡眠時間が2時間程だったので
超絶寝不足(毎日8時間寝てるので。笑)の体調だったのですが。

40台のカメラで追い掛けたという
命がけのレースシーンは、
まるで自分が運転しているかのような
目線で撮影されており、
そのエンジン音と共に臨場感たっぷりで
最初から最後まで眠たくなる瞬間が一時もない、手に汗握る内容。

ハリウッド映画にありがちな、ただただ派手な作り物によるアクション映画ではなく、実話から来る、どうなっちゃうの?どうなってしまったの?的ドキドキ感に、何度もビクッ!となったり、目を覆ったり。

それぞれの奥様の葛藤も描かれますが
余程肝が座ってなければ、F1レーサーとだけは、結婚できませんw
(道端ジェシカちゃん、バトン氏と
ご婚約おめでとうございます)

ジェームス・ハントが
なぜこれほどまでに強くなったのか。
再起不能と噂されたニキ・ラウダが
なぜこんなに早く復帰をなし得たのか。

「永遠の0」の主人公:宮部久蔵と
彼をライバル視していた、あの悪い男
との関係とも、どこか被るのは、
戦闘機乗りと、死ぬ確率が常に20%のレーシングカーの中で戦うという
極限の精神状態を共有した者同士の
男の浪漫。
この部分は、男性こそが楽しめる映画とも言えます。

また、
元々考え方も生活も全く異なる2人が、その生涯で何を1番大事にし、どのような選択をしながら生きた人生だったのか。
その部分も、
宮部久蔵のそれに被りすぎるのです。

ニキ・ラウダは、現在もご存命で64才。
F1ファンに
伝説として今も語り継がれている
ドイツGP、日本の富士GPの
二大決戦以降も当然、
それぞれの人生、物語は続いていく。


===


エンドロールがとてもとても長くて
その後にやっと曲が流れますので
良い子は、おトイレに行って、
水分控えめに、ご覧くださいね。笑

剛さんは、声がやっぱり若々しくて
特徴的な、剛さんの声で。笑
でも一生懸命に取り組んでいたのが
伝わって来ましたし、
光一さんは、舞台で鍛えた声の張り方、抑揚なんかが活かされて、とても上手で
違和感が無く、声優に向いてるなぁと思いました。
(かなり大袈裟に吹き替えしたつもりでも
本物の声優さんはもっと大袈裟にするのが当たり前だったと、剛さんがLIVEで)

最後まで観て、エンドロールに
声優の紹介を観ていなければ
おじさま達は誰もKinKi Kidsだとは
気付かなかったんじゃないかしら。


年齢制限 PG-12
(小学生には助言・指導が必要)
↑どんな助言と指導なんだろww

は、まさに光一さんの(声の)演じた
濡れ場を指しますが。

個人的には、
剛さんの首を絞めながらの手術シーンで
最初は苦しそう、可哀想…>_<…と
泣きそうになりながら観てたのに

その声のシーンが予想以上に長過ぎて、
むしろこっちの方が PG-12 で ←
なんだか、ちょっと照れてしまった事を
ここに白状し、恥ずかしいから
言い逃げして、終わります。

(;(;(//̀Д/́/););) 照




めざましテレビ KinKi Kids×Cヘムズワース&Dブリュール インタビュー (YouTube)

髪型など役作りで
さらに似せたのだと思いますが
映画の俳優さんも、実在のF1王2人に
お顔、背格好もよく似ていました!
さすが、巨匠ロン・ハワード監督(Wikipedia)。

おは朝 (YouTube)

KinKi 「ラッシュ/プライドと友情」舞台挨拶 PON! (YouTube)

20140208 めざましどようび KinKi Kids (YouTube)←エアーアンアンww

ZIP QQ キンキのニノいじり(YouTube)

KinKi Kidsが映画『ラッシュ』公開アフレコに初挑戦!
(ぴあ映画生活ニュース)

KinKi Kids登壇で大歓声! 『ラッシュ/プライドと友情』舞台あいさつ
(ぴあ映画生活 - Y!ニュース)

ソロALBUM、舞台と
各々 ソロ活動で多忙なこの時期に
お2人の活動がみれて 嬉しかったです♡




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。