--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/17

✔️Mother’s Day



5月11日

母の日当日は法事なので、前倒しで。
ラデュレ(食べログ)のイスパハン♡

花束さえも事前に辞退するほど遠慮深く
スイーツ好きな、お義母さんへ。
生菓子ならば、もう
召し上がるしかないもんね。
ひひひ (●´罒`●)





ライチ、バラの香るクリーム、
フランボワーズを
ラデュレお得意のマカロンで
上下サンドし、水飴で水滴を模した
本物の薔薇の花弁をあしらったもので
(ピエールエルメに
よく似た イスパハンがあるのは、
エルメ氏が独立前にラデュレで
修行をしていたからだというのは
有名な話ですね)

こちらは、4人分のホールケーキです。
ホールケーキは、予約すると
他のケーキも対応してくださるそうです。


美容院に行く時間も取れず
伸びきってむさっ苦しい夫を
法事前日の、午前中の貴重な隙間時間に
美容院に行かせる事に成功したので
その隙に、そうだ!
ラデュレ(過去記事)か、
キルフェボン(過去記事)か、
ラ・パティスリー・デ・レーヴ
(過去記事 12・あ!
3の記事が見つからない!
自分のBlogなのにイライラする!笑)
かの、いずれかにしよう~♩と
当日思い付きで行って

あらッ♡
この、たまたまホールで出てるの、
母の日にピッタリじゃん♩


決して、一件目で、
即決したのではない。
決して…。

ちゃんと、大阪のお店にも
パティシエさんが駐在され
東京から輸送されたケーキの
仕上げをして、店頭に出されるそうです。

対応してくださったラデュレの
美人で感じの良い販売員さんが
色々と機転を利かせ
お気遣いくださったお陰で
とても気持ち良い、母への
贈り物ができました。
感謝します m(_ _)m





藍瑠さんにいただいた
ターシャ・テューダーの
綺麗なお庭の葉書に....♡


0時までに大事なメールを
返さないといけないから 後で書くよ、
ああ!もうこんな時間か >_<!
渡すのは明日やろう?
疲れて早く寝たいから 明日の朝書くよ、
時間がないから 渡す直前に書くよ、
行ってきます!
(仕事も何も、毎日こんな調子、
本当に当日までどうなるのか
うかうか出来ない!笑)
やることが多過ぎて、
本人の意思に関わらず
日常のあらゆる事が後回しとなることが
常になってしまった主人に


1行で良いのだから、
感謝の言葉は、伝えれる時に
伝えないといけないのだから、と
再三、催促し

嫁にお尻を叩かれながら
書かされたことは
親の目には、火を見るよりも
明らかであろう
照れて普段は全く言い慣れない
嫁の考えた通りの、
ぎこちない感謝の言葉を、笑
何時ものごとく結局バタバタと直前に
書いてもらって、添えました。笑





これ↑ から、
爽やかなブルーのシャツと
ちゃんとした靴と鞄に、一旦着替え
その足で、4月から入院していて
とうとうお食事が取れなくなった
義母方の義祖母のお見舞いに神戸へ。





義母、義弟2人、私達夫婦が
一同にお見舞いに行ったので
最初はその人数の多さに
目を白黒させて驚いていました。





点滴で栄養を取っているとは
聞いていたけど
昨日はアイスクリームを食べれたと聞いたので
一口でも食べてもらえたらと
本当に美味しいものなら
グルメな祖母は食べたくなるかも....
そう願ったマカロンは、
やはり食欲もなくて
とても食べれる状態ではなかったけれど....。

ごく最近まで
毎週、義父母と、ランチに温泉にと
ドライブを楽しんでしっかりしていた
義祖母は
怪我をきっかけに入院した途端に
痴呆がすすんで


先週は義母の事も忘れていて
孫3人の名前も、
バラバラに記憶していたけれど。
そして私が最近まで
時々送っていた手紙のことも
恐らくは忘れてしまっているのだろうけど....。


若い頃の写真は、
大物の女優さんみたいに本当に美人で
(実際にある女優に似てるとよく言われていたそうですが、昔の人過ぎて名前
聞いたけど知らなかった。笑)
今はエリザベス女王様に似た
可愛いお顔と、かわいい声で


1人1人をじーっと、見て
指差して、名前を何度も確認。
何度も間違えて、また
何度も確認。


「ふ~ん♩
あんたのとこ、
男の子 ばーっかりやな~(´ ω` )♩」

義母「そうよ~。
皆お仕事お休みだから
来てくれたのよ~」



「ほんまに
男の子 ばーっかりやな~(´ ω` )♩」

(もしや、ショートカットでデニムで
小麦肌のわたすも男の子に
カウントされているのだろうか?汗)

義母「そうよ~」




「大~きく、なったな~(´ ω` )♩」

一同 「爆笑」

義弟「おばあちゃん!
僕、もう 33才やで!笑」




主人を、じーっと見て

「みーんな、

太ってるなぁ~ (´ ω` )♩」


義弟「太ってるのは、
⚫︎⚫︎くん(主人)だけや!笑」

一同 「爆笑」




主人を、じーっと見て

「▲▲(間違って末の弟の名前)は、

顔が

四角いな!!(´ ω` )」




一同 「爆笑」


特に私、

つい、隣の病室まで
聞こえるような大声で、大爆笑。
(→すぐ反省)




また
主人の運転する1台の車での帰路


義弟くん「(慌てて来たのに)
ばあさん、めっちゃ 元気やんか!笑」


義母「食事も飲み込めないし
一昨日は、口もきかずぐったりしてて
もう、いよいよかと、思われたのよ。
万一の事があれば、
私達はこっち優先で行くから
明日の法事は⚫︎⚫︎に全部任せようと
話してたくらいなのよ。」


血圧を測りに来た看護師さんも
ここ数週間で1番元気でよく喋ってる
義祖母に、驚いて
「よい刺激になったかも。笑
きっと、嬉しかったんですね」と。




主人「しかしまあ
こんな家族全員、同じ車に乗ってて
このまま万一、事故にでも遭ったら。
オトン1人では、確実に
生きて行かれへんな!笑」


義弟「あー、あの人は無理無理!
オカンなしでは、すぐ死んでまう!笑」


義母「法事の荷物受け取りにお父さんは
お留守番しなあかんけど、安全運転でね
って、しつこく言ってたわ!笑」



義弟「お父さん~!ただいま~!
家族全員、揃って
無事に戻りましたよ~笑」

義父「え?おばあさん、そんなに元気?
嘘みたい!(◎_◎;)」



また法事明けに、何時ものように
父母がお見舞いに
行ってくださるとのこと。
皆でお食事して
翌日の法事に備えて、帰宅しました。



万一の事があれば、母の日のケーキ
どころでは無かったし、
孫一同が雁首揃えて会いに行ったら
本人が、私いよいよ?と察するのでは?
と、心配しながらでしたけれど。

主人「いや、あのおばぁちゃんは既に
その辺、鋭く察してると思うよ。笑」

そんな事もなく、にこにこしてくれて。
お話ができるうちに
皆で会えて、やはり良かった。


心の準備はしてるつもりでいても。
人とのお別れは、いつも急だから。
やはり、元気なうちに。

感謝の言葉を伝えることと
親孝行は
過ぎると言うことは、
ないのですから。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。