--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/06/18

✔️platycerium bifurcatum



ビカクシダ(コウモリラン)
見よう見まねで板付し、
リビングのファブリックボードを
飾っていた所に
とりあえず設置しました。








新芽も付いて綺麗な深い緑色をした
とてもイキイキしたビカクシダが
薄いプラ容器に固定され、
葉の部分は英字新聞でソフトにくるまれ
バラ用の立派な梱包で届きました。
過去記事


ちょうど蘭の植え替えの時期で
HCの水苔が、まさかの全種類完売。
翌日、出直すなどしましたが
板は無料でカットしていただきました。


“コウモリ” 蘭
と呼ばれる、男性的なフォルムと
“麋角”羊歯
とも呼ばれる、ネーミング自体に
強く惹かれながらも


ヘゴ板はポロポロ床に落ちると
聞くのと、あまりナチュラル過ぎるのは
我が家のインテリア
(私の趣味)に合わないので、
ビカクシダの購入はずっと
見送って来たのですが


板を無彩色にペイントすることにより
少しスタイリッシュでモダンな
印象に変わり、部屋に馴染むように。






完全に見た目重視の
見切り発車でしたので、結果論ですが
防水性と、強力な防腐剤がペンキに
含まれている事により
バケツにはった水に
ドボンと板ごと漬けての
ワイルドな水遣りにも
耐え得る仕様となり、かえって
扱いが 楽になったかも知れません♩






ビカクシダは、岩などに着生して
生きる植物です。
ヘゴ板と違って凹凸のない分
板に活着させるには
何年もかかりそう、もしくは最終的にも
水苔にしか活着しないと思われるので
せめて水苔は大盛りに。


透明のテグスだけで
垂直にまとまってびっくり!
この引力に負けない
角度とボリューム、
女性には羨ましい限りです。笑



こうして
我が家のリビングにお引越しした
ビカクさん。
ここが新しい住処ですよ~♡

環境をなるべく安定させますから
安心して根を伸ばし、葉も増やしてね。
ワイルドに垂れ下がるくらいに
枯れずに大きく育ちますように。



板付けされたものをただ飾るより
手間をかけた分、とてもとても
楽しかったので
厳選した植物を、同じように
少しずつ増やして行けたら良いなぁ
と思っています。


ビカクシダだけでも、
プラティケリウム・ウィリンキー、
コロナリウム、ホルタミー、ワリチー、
リドレー、エレファントテス、
アンディナム、グランデ、
アルキコルネ、バッセイ、
スペルブム、ワンダエ、ステマリア、ヴェイチ、エリシーなど。
種類が、沢山あるようですので
葉の形が違うものを育ててみたい。



誕生日にプレゼントしていただいた
プラントハンガーに
せっかくだから素敵な植物を飾りたい
と調べるうちに、
泥沼に片足を突っ込みかけております。
^^;
“何事もそこそこ”
がモットーなのですが。。



その結果、
そのうち手を出すであろう植物。笑

ほぼ自分のために
素敵だな、いつかは!
と思ったものを
覚え書き。(楽天内)


◾︎ リプサリス


◼︎ リコポディウム



特にこちら ↑ に、一目惚れ
本当は一番欲しいけど
レア過ぎて
初心者の 家庭栽培には、
少々 高価過ぎる。( ; ; )


フレグマリアより
ヌンムラリフォリュームの方が
タイプかな~♡
いえ、いえ、長~いリコポで、
釣り鉢スタイルならば、
我儘言いません。←それがまず無い( ; ; )


基本的に枝垂れる植物に目がないので
ちょっと、アスパラ(過去記事
に被ってるのですけれど。
人の好みは、変わりませんね。



置いていないお店も多いし。
オシャレなグリーンショップでも
まだまだ貴重で、お高い。(T . T)

早く、広く一般的に
認知度と人気が高まって
ごく普通の花屋さんや
ホームセンターなどでも
安価で流通する日本になりますように。
お願いします(>人<;)




✔️ recommend






関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。