--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/06/25

✔️red shiso juice



初めてのしそ仕事♩
↑言ってみたかった…♡笑
クエン酸で夏バテを乗り切れそうな
紫蘇の爽やかなお味に仕上がりました♩







主人「肝臓にも良いらしいから、
あなたの健康に良いかと思って。
知り合いがジュースを
手作りなさると聞いたから
少し分けていただいて来たよ。
飲んでみて♩」

(くまモンも、相変わらず
お土産、、、汗)


ダリ「はぁー?脂肪肝が深刻なのは、
むしろ、そっちでしょーが!(`ω´ ) 笑
私はお酒もキッパリやめて
気を付けてるから
とっくに 正常値に戻ったわい!
(↑フォアグラ気味だった人)
あなたも、飲みなさい!!」


しばらく忘れていて
冷蔵庫に寝かせていたのですが
再三 すすめてくるので
半信半疑ながらも
氷を入れて水で希釈して飲んでみると


ダリ「何これ!紫蘇?
ちょっと甘いけど、
爽やかで美味しいやん!! (○´∀`○) 」

↑甘いのは濃かったみたい。
水で好みに希釈できるように
なってました。




赤紫蘇は、アントシアニンが豊富で、
疲れ目・視力・花粉症など
アレルギー予防効・
美肌・整腸・疲労回復・食欲増進・
ダイエットなど、効能が多い上に

こんなにさっぱりとして美味しいなら、
毎年6月に赤しそがスーパーに並ぶ
この時期から、赤しそが無くなるまで
繰り返し手作りされ、
夏の終わりとともにまた来年まで
紫蘇ジュースが飲めなくなる~
と嘆いたり。

濃度の濃いものを作って
あえて冷蔵庫で1年寝かせ
去年作ったものを1年かけて
チビチビ飲むという
まさに梅酒のような
作り方をされる方もいることを
納得しました。

だから、みんな毎年
“ 梅仕事♡ ” なーんて、楽しそうに
梅干しのついでに作ってるのね~!笑



何と言っても、その見た目が美しい。
赤紫や紫色の食材って、その存在自体が
とてもオシャレだと思いませんか?




そこで、思い出したのが
以前 藍瑠さんにいただいた、
ベニシアさん(ハーブ研究家)のご本♡

しそジュース、素敵~!
でも、どんな味がするんだろう?と
鮮烈に 覚えていたのです。





普通のしそジュースと言えば
赤しそ100%ですが、
京都大原では、青しそと赤しその
両方を入れる方が多く、
赤しそからは色と香りを
青しそからは味を
移し取るのだそうで。
イギリス貴族を捨て
京都に移り住んだベニシアさんも、
大原のおばあちゃんに習ったそうです。

そして、しそジュースと言うと
おばあちゃんが作ってくれたのを
思い出す方が多いのは、
昔から代々受け継がれた
まさに自然の味と色であり、
大昔の日本人がしていたことを
ロハスなどと言って若い人の中で
またこういった手作りの仕事
(今なら塩レモンなど)が
ブームになっている理由も
繰り返し手作りされる食べ物には
それだけの理由(美味しさ・効能)が
あるのだなぁと、思います。





元々、主人が青しそが大好物なので
(パスタのトッピングはパセリより大葉)
きっと爽やかな味になって喜ぶだろうと。
2種類入れた方が、味に深みも出て、
単純に2種類の栄養素が1度に摂れて、
一石二鳥も三鳥もあるじゃない♩
と、浮き足立って
スーパーに向かったのですが。


ベニシアさんのレシピでは
青しそを、赤しその
2倍量も入れるのですけど、
青紫蘇は
都会のスーパーでは
大量の束では売ってないのよね~。
田舎の産直とかならあるのかしら。
せっかちなので
思い立ったら今すぐ作りたいし
初心者なので
今回は、王道の赤紫蘇 Onlyで。
cookpad






材料は、たったこれだけ!

◼︎ しその葉(根っこ付き400g以上あったけど、根と茎を取り除き、葉のみをよ~く洗って、サラダスピナーで水切りしたら
200g強、だいたい1番大きい柳宗理の
ステンレスボウルに山盛り一杯。
一束 200円ほどでした)

◼︎ 先日のプリンみたいに色黒になったり
紫蘇ジュースの醍醐味のアントシアニンの色が楽しめないと魅力半減なので
検索してみたら、マクロビオティックなんかされてる方はやはり、てんさい糖で
作られているレシピを多く発見したので
わざわざ白いお砂糖は買わず
いつもお料理に使ってるてんさい糖で。

◼︎ ドラッグストアで、クエン酸
(しそジュースや乳酸飲料に、と
大きく箱に書いてありました)
20g 200円ほど。




葉を洗ってたら ←これだけが面倒
モゾモゾ動く てんとう虫が!
(少し紫蘇を食べられていた)

ベランダに逃がして、
紫蘇ジュース作って、
洗濯物取り込んで、
夜お風呂に入ろうと
洗い立ての洗濯ネットを出したら
またそこに居たの!!!

どんだけ、鈍臭いんだよ!笑
今度は玄関の観葉植物に乗せて来たけど
きゃつ、あんなんで ちゃんと
野生で生きていけるのかな…。





熱湯に入れた瞬間
お水に紫の色素が全部移って緑に!





ベニシアさんレシピに習って
最後の一滴まで搾り取るように。
パスタ鍋を使ったので
漉すのが簡単でした。





砂糖は1番少なめの量で。
魔女の鍋みたいな色。笑






クエン酸を入れた途端に
綺麗な紫色に~♩

これを、魔法みたいでワクワクすると
表現する、ロマンティックな女の子が♩

勿論、わたすは
「おおーーー!」と
実験に成功した
おっさんのような雄叫び。






◼︎ BOOKS

⚫︎ ベニシアのハーブ便り
京都・大原の古民家暮らし
Venetia's Ohara Herb Diary(2007年)
楽天ブックスAmazon

新刊も続々出て人気なのですね!
ケーキ、化粧品、わんこシャンプー、アフターシェーブローション、フットバス
生活全般の多岐に渡るハーブの使い道が
てんこ盛りに詰まった内容の濃いもので
2014年の今見ても古くならない
普遍的な内容ですから、納得です。

イギリス貴族からインド旅行し
日本で英会話学校を設立、
インド料理屋さんを開いていた
写真家でもあるご主人の初めは
レストランのお客さんだったという
ベニシアさん。

紫蘇ジュースは
祖母から母へ、母から娘へ
受け継がれるレシピです。
始めてのお子さんでもペリエで割って
ごくごく飲めるのは
昔から梅干しを食べてきた
日本人のDNAでしょうか。




⚫︎ ベニシアの庭づくり
ハーブと暮らす12か月(2013年)
楽天ブックスAmazon



映画上映までされたんですね!(◎_◎;)


◼︎ Blu-ray

⚫︎ベニシアさんの四季の庭
DVD&ブルーレイ限定版
~ベニシアさんのレシピBOX仕様~ (2014)
Amazon

他にも沢山ベニシアさんの
本やDVDが出ています。
(決して、全部を添付するのが
途中で面倒臭くなったのではない、
決して…)

写真家のご主人の撮られた
お写真であることも、ステキです♩





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。