--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/07/25

✔️鹿苑



6月の決まった日時 限定で
春日大社 鹿苑にて
鹿の赤ちゃんとお母さんが見れました♡
お蕎麦に続いて とても楽しみにしていた
私にとって、本日のメインイベントです♩





冬に結ばれて
妊娠している約200頭のお母さん鹿を
春から「鹿苑」に保護し
赤ちゃん鹿がお母さん鹿と一緒に
行動できるようになるまでの期間の中で、
“お昼のご飯タイム”
の、母子鹿が観れました♡

草を食む母鹿のおっぱいを
かなりの強さでツンツン刺激して、
母鹿は子鹿の肛門を嗅ぐと
自分の子であるかどうか分かるそう。

たとえ自分の子でなくても
2~3頭のお世話をするのだそうです。

(鹿苑のおじさんが、背後から
色々解説してくれました。♡(。´艸`。))





ある程度大きくなると外に放たれますが
赤ちゃん鹿の間は人間の匂いが付くと
親鹿は子育てしなくなるらしく、
小さな競馬場のようになっており上から観れるように。





鹿せんべいではなく
鹿フードの餌やりもできます。
鯉の餌にそっくり。笑

楽しそうに餌やりしていた
動物大好きな友人…♡笑





友人「花咲か爺さんみたいだった?
(´ ω` )笑」







必死でおっぱいをツンツンする子鹿と、
それより草を食むのに必死な親鹿。
中には親鹿とたいして変わらない大きさなのに
どさくさに紛れて飲んでるこ?親?
など。
(バブープレイを見てしまったような
気まずさw)



餌に気付かずボーッとしてる間に
他の目ざとい食いしんぼうの鹿に
食べられる、のんびりした母鹿もいたり。
(ひなみたいだな。(o^^o) )


触れ合えないのは淋しいと
最初は思いましたが
鹿に追いかけられることもなく笑
大勢の鹿の習性を
俯瞰でのんびりと眺めるのも
こちらならではの楽しみで
また楽しかったです。





こちらはショッキングな展示。
亡くなった鹿さんのお腹から出て来た
人間がポイ捨てしたゴミ袋
聞き及んではいましたが、
こんなに大きかったとは。。(;_;)






お食事Timeを終え、
鹿苑からハウスした鹿達に
どんぐりをあげれる場所を
帰り道に発見。

ずーーーっと
一頭、一頭に
「あなたさっきも食べたでしょ!笑」
なんて話しかけながら
大喜びで、童心に返って
どんぐりをあげていた友人1。(o^^o)



“野生なので
稀に噛み付くことがあります”

という注意書きも介せず
第一関節まで
順番に必死に舐られながら、笑
女ムツゴロウさんさんみたいな彼女を見て
本当に、動物が好きなんだなぁ(´◡`●)と。

花と動物を愛する人に
悪い人はいないと思う。♩**笑◎






本当に必死でがっつく
鹿さんたちに、
どんぐりをあげる友人2。


その後ろで

「痛くないの?((((;゚Д゚)))))))
噛まない?」
と、怯えていた私も

「犬の甘噛みなんかより
全然痛くないよ!
入れ歯が外れた
おばあちゃんみたいな感じ。笑」

と言われて
手を消毒してから
どんぐりをあげました (◦´∀ ` ◦)

本当に、
口内がヒンヤリしてて柔らかく
むしろ癖になりそうな
気持ち良さでした。笑





子鹿ちゃん♡
お家にこのまま連れて帰りたいくらい
可愛かったなぁ♡

小さなバンビの
ミルクをねだる可愛い鳴き声と、
まだ慣れずピョンピョン跳ねる
不器用な走り方に
心から、癒されました。(●´∀ ` ●)





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。